【WWE】<レッスルマニア34総まとめ>中邑、スタイルズに惜敗でヒールターン!“無敗の女帝”アスカ、まさかのタッ​プアウト負け!

米国現地時間48日ルイジアナ州ニューオリンズで78,133人の観客を集めてWWE最大の祭典「レッスルマニア34」が開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑、スタイルズに惜敗で急所攻撃

レッスルマニアの大舞台、78,133人の大合唱で会場が一つになる中、真っ赤な衣装で中邑真輔が登場すると、最高の相手WWE王者AJスタイルズとのドリームマッチ”に挑んだ。中邑はセカンドロープからライダーキックを決めると「カモーン」とスタイルズを挑発。

それに応えるかのようにスタイルズはフォアアーム、ガットバスターを繰り出して反撃すると、カーフ・クラッシャーで中邑を追い込んだ。

これで左ヒザを怪我してしまった中邑はスタイルズのスプリングボード450スプラッシュもヒザで迎撃してダメージを蓄積させるも、リバースパワースラムを決めてキンシャサを狙った。

しかし、スタイルズがうまく中邑を捕まえると、逆に必殺のスタイルズクラッシュを叩き込んで3カウント。

中邑は頂点にあと一歩のところで、まさかのフォール負けを喫し、無念の3カウントを聞いた。

そして、試合後さらなるハプニングが会場を驚かせた。抱き合ってスタイルズの健闘を称えた中邑だったが、膝をついてチャンピオンベルトをスタイルズに手渡すと、突然金的の急所攻撃をスタイルズに食らわした。

会場が唖然とする中、中邑はさらに顔面を蹴りつけてスタイルズを場外に落とし、キンシャサを叩き込む暴挙に出ると不敵な笑みを浮かべて会場を後にした。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

無敗の女帝アスカ、まさかのタップアウト負け

78,133人の観客を集めたレッスルマニア34の大舞台で“無敗の女帝アスカが女王”シャーロットに完敗した。

アスカがヒップアタックで先制し、シャーロットのムーンサルトを掴んで三角締めを決めると、シャーロットもボストンクラブを決めて反撃し、お互いのプライドを賭けた闘いは互角の攻防を展開。

しかし、連勝記録がかかるアスカはエプロンから場外へスープレックスを炸裂させ、さらにコーナートップからミサイルキックを決めて試合のペースを掴んだが、「私は女王よ」と叫び気合を入れたシャーロットはスピアーで反撃すると、最後は隙を突いてフィギュア・エイトを決めるとアスカは無念のタップアウト。

王者をあと一歩のところまで追い込むもアスカはWWEで初の敗戦を喫した。「シャーロットは準備ができていた。おめでとう」とコメントしたアスカはシャーロットと抱擁して健闘を称えた。

2015年10月のデビュー以来2年半の間連勝を続けたアスカの記録は267連勝でストップした。

  

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロンダ、WWEデビュー戦を腕十字固めで勝利

レッスルマニア34の大舞台でロンダ・ラウジーはカート・アングルとのメダリストタッグで権力者トリプルH&ステファニー・マクマホンと対戦し、ステファニーに腕十字固めを決めて自身のWWEデビュー戦を勝利で収めた。

ゴング前からステファニーはロンダの髪を掴んで挑発すると、試合中もカートとの交代をロンダの足を引っ張って妨害する。

これに苛立ったロンダはクローズラインで先制すると、サンドバックのようにステファニーにパンチの連打を浴びせた。

続けて腕十字を狙うロンダだったが、ステファニーがこれをサミングで回避。

終盤にも再びステファニーを腕十字で抑え込むと同時にカートもトリプルHにアンクルロックを決めて会場を盛りげると、最後はペディグリーを狙ったステファニーをロンダが切り返すとそのまま抑え込み3度目の腕十字固めでタップを奪って勝利を収めた

絶対権力者との遺恨戦でデビューを飾ったロンダはメダリストタッグで7万人超のファンを魅了した。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆レスナー、F5を6発でレインズを沈める

ユニバーサル王座を巡る王者ブロック・レスナーとロマン・レインズの頂上決戦はF5を6発叩き込んだレスナーが王座防衛を果たした。

ゴングと同時にレインズに攻め込んだレスナーはスープレックス3発を決めて雄叫びを上げると、レインズもスーパーマンパンチ2で反撃。

そこからレインズがスピアー2連発を決めて勢いに乗るも、逆にレスナーがカウンターのヒザを叩き込むと流れが変わった。

レスナーはF5を5発も繰り出すと、さらにグローブを取ってレインズを滅多打ち。

残った力を振り絞りスピアー2発をレインズが繰り出すもカウント2。

最後はレスナーがこの日6発目のF5決めるとレインズは力尽きて3カウントを奪われた。

力の差を見せつけたレスナーがレインズを返り討ちにして、ユニバーサル王座防衛を果たした。

 

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“Yes” ブライアンが復帰戦で勝利!

電撃復帰したダニエル・ブライアンがシェーン・マクマホンとタッグを組んで、因縁のケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン組とレッスルマニア34で激突した。

約2年ぶりの試合復帰のブライアンにとっても、スマックダウン復帰を賭けたオーエンズ&ゼインにとっても負けられない一戦となった。

しかし、試合前にハプニングが起こった。

先に入場したブライアン&シェーンの背後から不意打ちでオーエンズ&ゼインが襲い掛かると2人は場外でブライアンに集中攻撃。

ヘルヴァキック、ポップアップパワーボムでブライアンを動けなくしてしまう。

残ったシェーンは2対1の不利な状況でも試合を始めるも多勢に無勢。

徹底的に痛みつけられたシェーンは留めのフロッグスプラッシュでフォールされると、そこに突然、復活したブライアンが現れてカット。

ブライアンはヘルヴァキック、ポップアップパワーボム食らうも辛うじてカウント2で返すと、ゼインをイエスキックの連打で圧倒。続

けてブライアンはブサイクニーからイエスロックでゼインを捕まえると、そのままタップを奪って勝利した。

復帰戦を勝利で飾ったブライアン&シェーン組に会場からは惜しみない大“Yes”コールが起こった

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ジョン・シナ vs. ジ・アンダーテイカー

デッドマン”が再び蘇った。

これまでジョン・シナの対戦要求に何の返答もしなかったジ・アンダーテイカーが突如レッスルマニア34のリングに現れた。

この日、観客として来場していたシナだったが、リングに登場すると会場がいきなり暗くなった。

誰もがアンダーテイカーが現れると思ったが、登場したのはアライアス。

会場がブーイングの中、シナは軽くアライアスを蹴散らすとリングを降りてしまう。しかし、ここで再び会場が暗転すると鐘の音が鳴り響き、ついにデッドマンアンダーテイカーが暗闇から現れた

アンダーテイカーはシナにクローズラインを決めると、スネーク・アイズからランニング・ビッグ・ブート、レッグドロップと流れるように攻め込んで右手を高く突き上げた。

一度はチョークスラムを回避してアンダーテイカーをダウンさせたシナだったが、アンダーテイカーがムクリと起き上がるとチョークスラムを炸裂

最後はアンダーテイカーが首を斬るポーズを決めると、ツームストーン・パイルドライバーでシナを葬った。

 

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

カイリ、女子バトルロイヤルで存在感

カイリ・セインがレッスルマニア初の女子バトルロイヤルに参戦した。

カーメラを集中砲火で排除して試合がスタートすると、NXTから参加したカイリ、ペイトン・ロイス、ダコタ・カイ、ビヤンカ・ブレアなどが結託し、カイリはソーニャ・デビルを攻撃。他のスーパースター達を蹴散らすと“NXT”コールで勝ち誇った。

カイリは続けてサーシャ・バンクスをコーナーに追いつめ、さらにルビー・ライオットにトップロープからインセインエルボーを炸裂させた。

その後、カイリは排除されてしまうも、その攻撃力で存在感を示した。試合はベストフレンドのサーシャ・バンクスとベイリーが勝ち残り一騎打ちかと思われたが、ベイリーがサーシャを排除すると、隠れていたナオミがヒップアタックでベイリーを排除して優勝した

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスを愛して早36年。
株式会社リアルクロスを設立し、楽しめるプロレスNEWSメディア『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事