電流爆破デスマッチを戦い抜いた元アイドルレスラー・中野たむがファースト写真集を2部作出版!

電流爆破デスマッチを戦い抜いた元アイドルレスラー・中野たむがファースト写真集を2部作出版!

“女子プロレス界の盟主”スターダムで、同団体史上初の電流爆破デスマッチを戦った、元アイドルレスラーの中野たむ(年齢非公表)が、ファースト写真集となるフォトブック『TAM‘s chnnel』を出版した。

たむは、ヒールユニット・大江戸隊への雪辱を期して、電流爆破での決着戦を要求。同軍のリーダー・花月は、たむのパートナーに、同団体のエースである紫雷イオを指名。当初イオはかたくなに拒否していたが、イオとの一騎打ちをもくろむ花月の説得と、たむの熱意に負けて、爆破戦を承諾。

4月1日、名古屋国際会議場で行われたイオ、たむ対花月、夏すみれの爆破戦は、被爆したイオが、足にヤケドを負うなど、壮絶な試合となった。最後はたむが夏を仕留めて、大江戸隊へのリベンジを果たした。

だが、激戦の代償は大きかった。たむは、この試合で左足首を剥離骨折し、全治1カ月の診断を受け、当面欠場する事態になった。復帰時期は未定ながら、4月30日の後楽園ホール大会でのカムバックを目指し、治療に専念している。

そんななか、たむがファースト写真集を出版した。同書のタイトルは、『TAM‘s chnnel DAY』『TAM‘s chnnel NIGHT』(定価=各税込2500円)で、2部作となっている。

撮影は3月中旬に台湾で行われたが、たむは「4日間の撮影期間でしたが、少しの休む間もなく、写真を撮り続けました。台湾の街並みや海はどこを切り取っても雰囲気があって、あれもこれもと、どんどんインスピレーションがわいて、どんなに撮っても尽きませんでした。自分の創りたかった絵が想像を超えて出来上がっていくのは、本当に楽しくて、まだまだ撮り続けていたかったです」と話す。2冊同時発売は、台湾での撮影中に決まったという。

たむ「『TAM‘s chnnel』のタイトルは、台湾での撮影中に決まりました。多種多様な中野たむの顔を見ていただける1冊になると感じたからです。多種多様すぎて、1冊では収まらず二部作になりました。『DAY』は見て元気になってもらえるもので、『NIGHT』は中野たむという世界観を全面に打ち出した作品になっています。私が昔から表現したかった世界が、たくさんの方の力を借りて、やっと形にできたと思います。2冊合わせて、ひとつの作品として、ぜひたくさんの方に『中野たむ』を感じて頂きたいです」

たむは、セクシーなビキニショットも公開しており、ファンならずとも、男性なら手に取ってみたい作品に仕上がっているようだ。また、たむは先に発売された『週刊プレイボーイ』(集英社)の4月9日号でも、グラビアを飾って、ビキニ姿を披露しており、プロレス界内外で話題を振りまいている。

アイドルから、女子プロレスラーに転身したたむだが、今後芸能活動も活発化しそうな雰囲気。むろん本業のリング上でも、輝きをより放ってほしいものだ。

なお、同写真集はスターダムの会場か通信販売で発売中。
問い合わせは、中野たむ事務局(nakanotam_office@yahoo.co.jp)まで。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事