【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 in USA~【38】「鼓膜が破れちまった!」

It’s really serious to live and go overseas by oneself.
Sometimes, I’d like to cry, it’ll be. But I don’t give up Gifu.
To grasp new light.

実はこの前の試合で、右耳の鼓膜を破られちまって、毎日が大変で大変で。

なんといっても、まわりの英語が聞き取りづらいから、英会話が全然上手く出来ないんだよな。

しかも耳から、何かの汁が止まらず出続けるから、ずっとティッシュを耳に入れっぱなしで、余計に英会話が聞き取りづらいんだよ。

こういうのって、いろいろストレスが溜まるから、何か発散方法見つけないと、心がやられちまう。

みんな、何かないかな?

 

トレーニングや練習も、終始耳から汁が出たり、騒音が鳴りっぱなしだから、全然集中出来ないし…。

やはりいくら根が強い俺でも、こういうことがあると、流石にへこたれる。

もしかしたら、海外でプロレス生活していて、一番辛いかもな、こういう時が。

保険には入っているけど、近所に日本人を対応できる病院がなければ、周りの友人にお願いして、病院まで乗せていってもらわなければならないから、そんなに頻繁には行けないのよ。

完治まで一ヶ月ぐらいかかるみたいだし、しばらく辛い日々を送ることになりそうだな。

その間も試合があるしな。

 

しかも、そんな中での今夜は家から4時間かけたペンシルベニア州にて試合だ。

周りの観客の声が聞こえづらいから、どうなることやら…心配。

そんな今夜の試合会場は、とあるBARのスタジオ。

リングを置くのは、普段テーブルやイスを置いてある場所らしく、店内にはたくさんのスポーツ中継のモニターが。(音声付き)

流石に試合が始まったら、モニターを試合のカメラに切り替えるか「消すか⁉︎」と、思ったらまさかの、そのまま流し続けるパターン(笑)

店内にはプロレスのチケットを買って、入ってきたお客さんしかいないのに(笑)

 

「誰がモニター見るねん!」って、感じだけど(笑)

戦う側もなんかやりづらいよ(笑)

でも、そんな今夜の俺のカードは、この大会のプロモーターとのシングルマッチ。

ただ今UTAMAROは、究極にコンディションが悪いけど、お客さんにはそんなの関係ない。

「良い試合しないと」な。

プロだから。

 

あ〜〜耳痛い〜(泣)

あ〜〜日本食食べて〜(泣)

オッと〜〜♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。。。

 

村瀬広樹(UTAMARO)

フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。
「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事