【WWE】中邑、AJスタイルズとの王座​戦はラストマンスタンディング(KOでのみ勝敗が決するこの試合形式)で、両者の因縁は完全決着となるか!?

現地時間522日、マサチューセッツ州ウースターでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆中邑、AJスタイルズとの王座戦はラストマンスタンディング

先週のスマックダウンでAJスタイルズに勝利して「試合形式を決める権利」を獲得した中邑真輔。

この日、この両者が対峙してPPV「マネー・イン・ザ・バンク(MITB)」でのWWE王座戦の試合形式がラストマンスタンディング戦になることが決定した。

AJスタイルズに試合形式を言うように急かされた中邑は「試合形式はピローファイト(枕投げ)だ」とふざけると、苛立ったAJスタイルズは「条件なんてどうでもいい。どうせお前は俺に勝てないからな。MITBで会おう」と切り捨てた。

すると中邑が突如AJスタイルズに殴りかかって場外乱闘に発展。

中邑はパイプ椅子でAJスタイルズを痛めつけてキンシャサを叩き込むと、ダウンしているAJスタイルズに自ら10カウントを取ってKOをアピール。

さらにアナウンステーブル上に立ち上がると「ラストマン・スタンディング・マッチ」と告げてリングを後にした。

KOでのみ勝敗が決するこの試合形式で、両者の因縁は完全決着となるのだろうか?

PPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間618日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事