【WRESTLE-1】「ズタボロに蹴り飛ばしてやりたい」マスタード凶行の挑戦者に王者が怒りのコメント!吉岡vs児玉のクルーザー王座戦は一触即発状態!!記者会見①

「ズタボロに蹴り飛ばしてやりたい」マスタード凶行の挑戦者に王者が怒りのコメント!吉岡vs児玉のクルーザー王座戦は一触即発状態!!■2018.5.24WRESTLE-1記者会見①
「ズタボロに蹴り飛ばしてやりたい」マスタード凶行の挑戦者に王者が怒りのコメント!吉岡vs児玉のクルーザー王座戦は一触即発状態!!■2018.5.24WRESTLE-1記者会見①「ズタボロに蹴り飛ばしてやりたい」マスタード凶行の挑戦者に王者が怒りのコメント!吉岡vs児玉のクルーザー王座戦は一触即発状態!!■2018.5.24WRESTLE-1記者会見①

5月24日(木)、都内・GSPメディアセンターにて、WRESTLE-1が記者会見を実施。6月13日(水)の後楽園ホール大会で行なわれるクルーザーディビジョンチャンピオンシップについて、王者の吉岡世起と挑戦者の児玉裕輔が出席し、コメントを発表した。

5.6後楽園大会の試合後、児玉の襲撃によるアピールで決定したこの試合だが、王者の吉岡は5.13春日部大会でも試合後に襲撃を受け、顔面にマスタードをぶっかけられるという屈辱を味わったためか、「僕が求めている方向と違う方向に向かっている気がします」と、挑戦者の態度に疑問がある様子。しかし児玉は「チャンピオンに合わせる必要はない」と気にも留めておらず、「スーツじゃないんだったらマスタードを持ってくればよかった」と、さらなる凶行を匂わせていた。

会見後には「持ってくればよかった」と言いつつ、しっかりとマスタードを持参して記念撮影に臨んだ児玉。これを見た吉岡が「持ってきてんじゃねえか!」と叩き落とし、その後は睨み合いを続けるなど一触即発の雰囲気となった。

これまでのクルーザー王座戦とは一味違う大荒れの予感が漂っている。

 

【選手コメント】

児玉裕輔のコメント

「まあ、この間の後楽園で言った通り、クルーザーチャンピオンの吉岡世起が欲しがっている刺激っつうのを僕が最高の形で与えて、このクルーザーのベルトを児玉裕輔の腰に、Enfants Terriblesに持っていきたいと思います」

 

吉岡世起のコメント

「この間、前回の後楽園のあとに挑戦表明……あれ挑戦表明なんですかね? まあ、挑戦表明を受けましたけど、挑戦表明のやり方といい、そのあとの埼玉での襲撃といい、僕が求めている方向と違う方向に向かっている気がしますけど、とりあえず挑戦は受けてみようかと思います」

 

【質疑応答】

──児玉選手、吉岡選手からは求めている方向と違う方向に行っているという発言がありますが、改めて5.13春日部大会でマスタードを使った凶行に及んだ意図を説明していただければと思います。

 

児玉 チャンピオンは求めている方向とは違うと言っていますけど、別に僕がチャンピオンに合わせる必要はないんで。どういった形であれ、チャンピオンが言っていた『CRUISER FES』1回戦で負けた児玉裕輔の緒戦をチャンピオンが飲んでくれているわけですから。これは間違った方向ではないと思ってます。

 

──求めている方向とは違う挑戦者からの挑戦表明を受けたのはなぜですか?

 

吉岡 本当に『CRUISER FES』1回戦で負けて、挑戦する資格があるのか疑問ですけど、僕もやられっぱなしは性に合わないんで。後楽園のあとも襲撃されていますし、今回1回戦負け、今回あんな形でクルーザーに挑戦して、これで負けたら児玉裕輔、立場も居場所もなくなるんじゃないかと。それをなくそうと思って受けました。

 

──児玉選手、チャンピオンから立場も居場所もなくすという発言がありましたが、立花選手もリザルト王座奪取に失敗してEnfants Terriblesから追放されています。児玉選手もこのタイトルマッチに負けた場合、追放になる可能性というのはあるんでしょうか?

 

児玉 いや、負けないですしね。

 

──チャンピオンは今日の会見に挑戦者に比べてだいぶラフな格好で来ていらっしゃいますけど、いまいち乗り切れないというご心境の現れですか?

 

吉岡 そうですね。この間のマスタードといい、正装で来る気にはなれなかったですね。やっぱりナメ腐っている感じがしたので、それ相応の対応をしようと思ったら相手がスーツというよくわからない事態です。

 

──児玉選手、今の発言や格好を見て、どう思われますか?

 

児玉 まあ、いいんじゃないですか? ただ、スーツじゃないんだったら、今マスタードをぶっかけてやろうかな? スーツだったらお高いから遠慮したけど、ぶっかけちゃう。持ってくればよかったなと思って。もったいないことをしたな。

 

吉岡 逆にスーツで来るとわかってたらマスタードを持ってくればよかったですね。そのスーツグチャグチャにしてやればよかったです。

 

児玉 このスーツ高いからやめて。

 

──チャンピオンは試合もグチャグチャにしてやりたいという気持ちで臨みますか?

 

吉岡 いや、試合は僕はクリーンにやりたいです。やった上でボコボコのズタボロにしてやりたいです。それは試合外でのリベンジなんで、試合の中ではズタボロに蹴り飛ばしてやりたいという感じです。

 

──児玉選手、今のチャンピオンの発言を聞いて、どんな展開の試合になると思われますか?

 

児玉 どっちで行こうかなと思ってですね。こんだけマスタードぶっかけたり、イスでぶっ叩いたりして、違い形で攻めた。まあ、ナメていると思うんですけど、僕もナメてますし、それを普通にちゃんと闘って、勝って僕がこのベルトを獲ったら、どんだけ吉岡世起のプライドをズタズタにできるかと思うと楽しみではありますし、試合中マスタード使ってくるかもしれないですし、まあそこは6月13日のお楽しみということですね。なんでもいけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事