【プロレスリングZERO1】小幡優作選手について<6.3北海道・札幌ススキノマルスジム大会>

小幡優作選手について

<リリースより>

本日の札幌大会の試合中のアクシデントでレフェリーストップ負けとなった小幡優作選手ですが、札幌市内の病院に運ばれ、診断の結果は「熱中症」とのことでした。命に別状もなく、現在は外科診療の最中です。

会場に足を運ばれた皆様にはご心配をおかけして申し訳ございませんでした。今後このような事のないよう最善を尽くす所存でございます。

プロレスリングZERO1

【ZERO1 6.3北海道・札幌ススキノマルスジム大会】
■試合結果
〈観衆253人〉
1.シングルマッチ 30分1本勝負
○菅原拓也(7分59秒片エビ固め)北村彰基×
※ラリアット
2.シングルマッチ30分1本勝負
○横山佳和(9分19秒ハイスクールボーイ)5代目ブラックタイガー×
3.シングルマッチ30分1本勝負
○日高郁人(11分44秒高津川)SUGI×
4.「NWA・UNヘビー級選手権試合」30分1本勝負
〈挑戦者〉○将軍岡本(8分33秒片エビ固め)〈王者〉クリス・ヴァイス×
※バックドロップ。クリスが防衛に失敗。将軍岡本が新王者に。
5.6人タッグマッチ30分1本勝負
大谷晋二郎&佐藤耕平&岩崎永遠×(20分41秒体固め)TARU&KAMIKAZE&○ハートリー・ジャクソン
※ダイビングエルボードロップ
6.「世界ヘビー級選手権試合」30分1本勝負
〈挑戦者〉○田中将斗(25分17秒レフェリーストップ)〈王者〉小幡優作×

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事