髙山善廣支援大会 8.31後楽園 『TAKAYAMANIA EMPIRE』「いつかあいつにはトップロープをまたいでリングに入ってもらいます」鈴木みのる

6月5日(火)都内にて頸椎完全損傷でリハビリ中の高山善廣を支援する「TAKAYAMANIA実行委員会」が会見を行い、鈴木みのると石原真マネージャーが出席した。現状の状態の報告と8月31日(金)開催の支援大会「TAKAYAMANIA EMPIRE」のメインカードを発表した。

冒頭、石原マネジャーより「首から下は肩が少し動かせる状態になった。正直、かなり厳しい状態ではありますが、本人は一生懸命に毎日リハビリを頑張っています」と現状を説明した。

また、メインとして”鈴木みのる、NOSAWA論外、MAZADA組 vs 太陽ケア、TAKAみちのく、カズ・ハヤシ組”のカードが発表され、今大会は高山がプロデューサーとして対戦カードなどのアイディアを出しているとの事。鈴木は「高山が全日本に参戦して頃のメンバーで、プロレスをやっていて楽しいと感じていた時間らしく、再現とまではいかないが、その当時のメンバーでメッセージを送りたいなと思います。」そして、大会ではメインを含めて7試合が行われ、当日はAbemaTVにて生放送される事も合わせて発表された。

その他の試合に関しての高山からの要望などはあったかという質問に「高山が今まで関わった各団体にはひと通り声をかけてくれとのことで、口は相変わらず達者なんでね、憎まれ口もたたく(笑)。高山ならではの仰天カードばかり注文を出してきて、交渉する側の身にもなってみろよぐらい面白い発想なんで、実現したら面白いと思います。」と説明した。

そして、今後も同大会を開催していきたい意向が石原マネージャーより語られた。
鈴木は「あいつが返ってくる場所は間違いなくリングの上なんで、そのリングを特定のプロモーションが持つのではなく、ファンのみんなで作ってあげられたらなという思いがある。いつかあいつにはトップロープまたいでリングに入ってもらいますよ。そこまでやってもらわないと。諦めるのは簡単なんで、それを目標にあいつには生きてもらおうと思ってます」とエールを送った。

今大会のチケットは一般プレイガイドでは販売せず、クラウドファンディング‎『Makuake』にて販売される。これによりチケットを購入し、会場へ見にいくだけで、今回のプロジェクトに協力できる事になる。詳細は6月15日(金)14:00に開設されるページにて。URLは高山のブログに掲載されるとの事。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事