【W-1】STRONG HEARTSとの対抗戦はw-1勢が3戦全敗

「WRESTLE-1 TOUR 2018 OUTBREAK」6.22東京・新木場1stRING大会
開催日:2018年6月22日
時間:19時試合開始/18時30分開場
場所:東京・新木場1stRING

◆第四試合

WRESTLE-1 vs STRONG HEARTS 対抗試合シングルマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

頓所 隼✖ vs CIMA〇

(1分51秒 メテオラ→エビ固め)

頓所が待つリングに現れたSTRONG HEARTS最初のXはいきなりCIMA! 会場は割れんばかりの大声援だ。しかし、CIMAがリングに入るなり、頓所がドロップキックで奇襲。一気に攻め込んでいく。しかし、CIMAはすぐさまドロップキックで逆転。パーフェクトドライバーで頓所をマットに串刺しにすると、続けてナカユビで追撃。最後はメテオラでトドメを刺した。

頓所のコメント
「ああクソ! 自分が情けないわ! もう一回、もう一回やれ!」

◆第五試合
WRESTLE-1 vs STRONG HEARTS 対抗試合タッグマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

カズ・ハヤシ・吉岡 世起✖

vs

ザッカリー・ウェンツ〇・デズモンド・エグザビエ

(10分53秒 ホットファイヤーフレーム→片エビ固め)

カズと吉岡の相手は6.17前橋大会で提供試合を行なったウェンツとエグザビエのタッグ。先発の吉岡はウェンツに対して足攻め。しかし、ウェンツはこれを腕十字で切り返す。さらにウェンツは吉岡との素早いロープワークの攻防で、セカンドロープを使ったスワンダイブ式のボディプレスを見舞ってみせた。

続いてはカズとエグザビエ。まずはエグザビエが打点の高いドロップキックを炸裂させる。さらにエグザビエとウェンツは素早い動きでコンビネーションを披露。だが、勝ち誇っていたところをカズが低空のドロップキックで逆襲。ウェンツに対してクランチループで足をいためつけていく。

続く吉岡もローキックを連発。代わったカズはストンピングで追い詰めロープ超えのニールキックだ。しかし、ウェンツはカズのハンドスプリング式レッグラリアットをかわして、逆に掟破りのハンドスプリング式レッグラリアットをぶち込む。代わったエグザビエはカズの後頭部にドロップキックだ。

さらに場外に落ちたカズにトペ・スイシーダを発射しようとするが、これはカズがエルボーで迎撃。ならばとウェンツが飛び、続いて吉岡がラ・ケプラーダ。そして最後にエグザビエがサスケスペシャルだ。

リングに戻るとエグザビエはシーソーフリップ。そこをウェンツがトラースキックで迎え撃つ。ならばと、代わった吉岡はエグザビエを蹴飛ばしながらのスイング式DDTをウェンツに食らわし、シザーズキックで追い詰める。

しかし、S・Kをかわされ、そこにエグザビエがトラースキック。さらにエグザビエは倒れた吉岡の身体の上にウェンツを回転させながら落とすホットファイヤーフレーム。続けて、エグザビエはトペでカズに突撃。その間に吉岡は3カウントを奪われてしまった。


カズ&吉岡のコメント
吉岡 全部想像の上をいきやがるな、動きが。俺もまだまだだよ。もっともっと強くなんねえと。
カズ ファッキューだあいつら。ファッキューだ。やってやる。負けちまったからリベンジだよ。

◆第六試合
WRESTLE-1 vs STRONG HEARTS 対抗試合6人タッグマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

征矢 学・近藤 修司・アンディ・ウー✖

vs

T-Hawk〇・リンダマン・ジンジャー

(24分47秒 BTボム→片エビ固め)

STRONG HEARTS最後の3人はT-Hawkとリンダマン、そしてジンジャーだ。まずはSTRONG HEARTSがゴング前に奇襲。場外乱闘で両軍入り乱れる。リングに戻ると征矢とT-Hawkが逆水平チョップ合戦。T-Hawkが押し込むと、征矢もショルダータックルで逆襲。いきなり両者ヒートアップだ。

続いてはアンディとジンジャーの攻防。ジンジャーはアンディを飛び越して足を抱えながら空中で2回転してみせる。そして、今度はリンダマンの登場。リンダマンは勢いよくW-1勢に攻め込むが、代わった近藤は無視してT-Hawkとにらみ合い。怒りのリンダマンは張り手で攻め込むが、近藤は喧嘩腰に応戦し、ロープにリンダマンを引っかからせた状態で踏みつけ攻撃だ。

その間に征矢とT-Hawkは場外にまで出て乱闘。その間にアンディがリンダマンをスリーパーに捕獲する。そして腕ひしぎでいためつける。続く近藤もリンダマンに珍しい脇固め。リンダマンの腕を攻めていく。さらにカットに入ってきたT-Hawkとにらみ合いだ。

ここはなんとか隙きを突いて逃れたリンダマンはT-Hawkとタッチ。そのT-Hawkは近藤とアンディに2人がかりの攻撃を受けるが、低空のドロップキックで近藤を蹴散らす。さらに征矢にもついでにドロップキックを食らわし、再び場外で近藤に襲いかかる。

これで流れを変えたSTRONG HEARTS。先程のお返しとばかりにリンダマンがアンディにストンピングを食らわし、代わったT-Hawkは逆水平チョップに足を極めてのキャメルクラッチ。そこをリンダマンたちが攻め込んでいたぶっていく。

ローンバトルが続くアンディ。しかし、T-Hawkに水面蹴りを食らわし脱出。今度は征矢がリンダマンにブルドッキングヘッドロックを食らわし、さらにT-Hawkも捕まえてまとめてだ。続けて征矢はブレーンバスターでリンダマンを投げ飛ばし、ワイルドボンバーの体勢に。しかし、リンダマンはこれを脇固めに切り返し、腕ひしぎへ。征矢は強引に持ち上げてパワーボムで脱出。しかし、続くワイルドボンバーも組み止められ、逆に水車落としを食らってしまった。

続いてT-Hawkと近藤の対戦にスイッチ。近藤は串刺し式ラリアットにKUBINAGEでT-Hawkを叩きつける。そしてランサルセだ。しかし、T-Hawkはこれをヒザで迎撃すると、続けてヒザで追撃。この近藤にタッチを受けたジンジャーとリンダマンが襲いかかる。ジンジャーはリンダマンの身体を踏み台にしてファイヤーバードスプラッシュだ。

続けてリンダマンがジャーマンを狙う。しかし、これを踏ん張った近藤はマンハッタンドロップで動きを止めて低空のDDTだ。続くアンディがバズソーキック。さらに征矢が抱え上げたところにミサイルキックを炸裂させる。

だが代わったT-Hawkにアンディが捕まる。雪崩式ブレーンバスターから逆水平チョップ、ネックハンギングボムを食らう。リンダマンからもジャーマンを食らうが、続くタイガースープレックスは前方回転エビ固めで切り返し。さらにローリングソバットを炸裂させる。

しかし、アンディ反撃もここまで。T-Hawkのヒザ蹴りからネックハンギングボムで倒れたアンディにジンジャーがスワンダイブ式のボディプレス。最後はT-HawkのBTボムで叩きつけられ、アンディが3カウント負けを喫したのだった。

試合後も乱闘を続ける両陣営。マイクを握ったT-Hawkは「今日のW-1新木場大会、俺たちSTRONG HEARTSの3戦全勝だ」と勝ち誇ると、「聞くところによると来月7月18日、後楽園ホールがあるらしいな。そこで俺たちSTRONG HEARTSは再び舞い戻ってくる!」と、次回の7.18後楽園大会への参戦を宣言。「今日の新木場大会はW-1が初めに対戦カードを出して、俺たちがX扱いだった。来月の後楽園ホールはその逆だ。俺たちがカードを発表し、おいW-1! お前ら、誰でもいいぞ。俺たちがリングで待っている。俺たちSTRONG HEARTSに期待しとけ!」と、今回の逆パターンでの対戦要求をしたのだった。

 


征矢&近藤&アンディのコメント

征矢 ふざけんじゃねえぞ! おい! 好き勝手やりやがって! W-1のリング、なんだと思ってんだ、あいつら! あいつらがアピールしたことは確かにありがたいよ。でもな、態度が気に食わねえんだよ、態度がよ。ふざけんなよ。なんで上からなんだ? ふざけんじゃねえよ! ただもう一回俺たちと闘いたいみたいだからよ。やってやるよ!

論外 違うだろ。全敗してんだよ。もっと俺が入れた刺激を楽しめ、バカ野郎。

征矢 楽しむってなんだよ。

論外 3連敗だろう。上から言ってんじゃねえ、バカ野郎。

征矢 上からは向こうだろ! どっちの人間だよ!

論外 どっちの人間でもねえよ! 負けてんだよ、お前ら。せいぜい練習してがんばれ。もっと刺激を有効的に使え。

征矢 わかんねえな。時には味方だったりよ。なんだ、今日は敵なんだ? さっぱりだ。でも、次もう一度あんだろ? じゃあ、次はこっちが全勝してやるよ。

近藤 負けてんのは事実だから。

征矢 確かに負けましたよ! でも、納得いかないでしょう、副社長!

近藤 やればいいじゃねえか。

征矢 やりますよ。

近藤 でも、お前は文体のメインがあるんだよ。俺も『W-1 GP』があんだよ。

征矢 ありますけど、それとは別でしょう! 収まんないですよ、心が! グランプリがあろうがよ、タイトルマッチがあろうが、やらせてくれよ! 納得いかないぞ、こら! ふざけんな、こら!
アンディ 俺は別に文体のカードも決まってへんけど、誰よりもW-1に誇りを持っとんねん。負けるのは今日まで。勝ち逃げさせへんぞ。次やったらぶち殺すぞ!


STRONG HEARTSのコメント

T-Hawk 今日はいよ〜し! W-1新木場大会、俺たちSTRONG HEARTSが3戦全勝だ、おい! おいおい! 前も言ったけどよ、俺たちは世界中から刺激集めて、その世界中のこの日本で発散しに来たがよ、聞くところによると来月の7月18日、W-1後楽園ホール大会あるらしいじゃねえか。今日の新木場大会はW-1側が発表して、俺たちがX扱いになった。だが、来月の後楽園は違うぞ。俺たちSTRONG HEARTSが先にメンバーを発表して、W-1、お前ら誰でもいいよ。かかってこい。俺たちは逃げも隠れもしない。なぜなら俺たちは強い心の集団なんだ。STRONG HEARTSなんだ、わかるか? 来月、後楽園ホール、俺たち楽しみにしているぞ。

CIMA とりあえず上海帰ろう。上海帰って報告あげて。まあね、若いメンバーが好きにやったらええんちゃいますか?

T-Hawk やっちゃおう、やっちゃおう!

CIMA 暴れたけりゃ、好きに暴れたらええんちゃいますか? 俺が全部フォローしたるからよ。とりあえず上海帰ってまた作戦練り直そうぜ。

T-Hawk 俺たちは完全にリミット外れてるぞ! まだまだまだまだ! 刺激ぃぃ! 世界中で発散しようぜ! おっしゃいくぞ〜!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事