【WWE】ヒデオ、2度目のクルーザー級王座挑戦ならず

現地時間724日、インディアナ州エバンズビルでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆ヒデオ、2度目のクルーザー級王座挑戦ならず

205 Liveでフェイタル4ウェイ形式クルーザー級王座挑戦者決定戦としてヒデオ・イタミがドリュー・グラック、TJPムスタファ・アリと対戦した。

2度目の王座戦を目指すヒデオは「リスペクト・ミー」と叫びながらアリを攻撃し、強烈なヒザを叩き込んだ。

その後も4人が入れ替わる目まぐるしい攻防を展開すると、ヒデオはアリをスチール階段に叩きつけ、そのまま串刺しドロップキックを見舞ってアリを攻め立てた。

しかし、今度はヒデオがグラックに捕まって投げられると、そのままコーナーポストに衝突。

の隙にグラックが弱ったアリをグロック(ドラゴンスリーパー)で締め上げるとレフリーストップ。ヒデオはあと一歩のところで王座挑戦権を逃した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事