【WWE】ヒデオ、圧勝も会場のブーイングに「リスペクト・ミー」

現地時間816日、サウスカロライナ州グリーンビルでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 ◆ヒデオ、圧勝も会場のブーイングに「リスペクト・ミー」

205 Liveでヒデオ・イタミが格下トレント・ニューマンを相手にレフリーストップで圧勝した。

先週、実力者ムスタファ・アリを撃破して勢いに乗るヒデオは「俺に舐めた態度を取るとどうなるかわかっただろ」とツイッター上で悪態をついて試合に挑んだ。

格下相手にヒデオは打撃で圧倒してフォールすると、なんと自らカウント2で相手の頭を掴み上げてフォールを回避。

不敵に笑うヒデオはファルコンアロー、顔面蹴りでトレントを痛めつけると、最後は串刺しドロップ2発でレフリーストップ。

試合に圧勝したヒデオだったがそれでも足りずに倒れたトレントを捕まえると、ドラゴンスリーパーの体勢から強烈なヒザを食らわせた。

会場からはその卑劣な行為にブーイングが起こる中、ヒデオは「リスペクト・ミー」と観客を煽ってリングを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事