【WWE】中邑真輔がキンシャサでUS王座防衛に成功

米国現地時間8月19日にニューヨーク州ブルックリンで真夏の祭典「サマースラム」が開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

中邑真輔がキンシャサでUS王座防衛に成功

PPV「サマースラム」で中邑真輔がUS王座を賭けてジェフ・ーディと対戦した。

中邑は「カモーン」とジェフを煽れば、ジェフもバカにするように中邑を真似て挑発合戦で試合がスタート

中邑はレッグ・ドロップやウィスパー・イン・ザ・ウインドを決められて、お返しとばかりにキンシャサとローブローを連続して繰り出すもジェフにかわされてしまう。

さらにツイスト・オブ・フェイトからスワントーンボムを決められた中邑はこれを辛うじてロープエスケイプで回避。

劣勢が続いた中邑だったが、再びジェフが繰り出したスワントーンボムをうまく場外に回避するとジェフはエプロンに激突。

このチャンスに中邑はかかと落としを決めると、最後はキンシャサをジェフに叩き込んで勝負あり。

ジェフから3カウントを奪って王座防衛に成功した。

試合後にはランディ・オートンがステージに登場するもリングに上がらず、無言のままステージを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事