【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 in イギリス~【49】「チャンピオンになった!!」

I’m the champion!!!

さぁ~始まりました世界UTAMARO滞在記。
ついに…ベルト獲ったぞ~~!!

俺はイギリスで有名なオールスターレスリングインターナショナルチャンピオンのベルトを奪取しました!

フリーランスとして一人で、イギリスに乗り込み、団体や誰の後押しもなく、実力、試合内容、試合結果、日頃の行動、ファンサービスや仲間とのコミニケーションなどを、ボスに認められて、歴史あるベルトに挑戦することができた。

チャンスを掴んだ以上「もう何が何でも勝つしかない」という思いで、挑んだタイトルマッチ。しかもその日は、団体のビッグマッチで観客動員数1382人の超満員の会場。そこで行われたメインイベント!

良い緊張感の中、テンションアゲアゲで入場したが、もちろん入場からアウェイな日本人の俺。

だけど試合が進むにつれて、ウタマロコールがおこり、21分16秒、変形DDTから体固めでベルトを奪取することができました!

レスラー仲間、お客さんたちからの声援による後押しもあり勝つことができたこのタイトルマッチ。本当に皆なに感謝だ!

ありがとう!

正直、終盤のトップロープからのパワーボムは、首の骨が折れるかと思った。いや、一本ぐらい折れたかも…(笑)

相手との体重差が35キロぐらいある為、軽々と俺を投げたり、叩きつけたりと相手はやりたい放題。。。何度も危ない場面はあった。

だけど、どうしても、どうしても、負けるわけにはいかなかった。

この日に至るまでの道のりは、本当にいろいろあった。フリーランスとしての厳しさや私生活、言葉の壁。なかには意地悪なことを、されたり言われたりなど、他にもここには書けないことがいろいろあった。

いつでも日本に帰ることができたが俺は帰らなかった。その想いが頭の中に何度も浮かび絶対に諦めたくなかった。俺は気迫で戦った。

最後に俺の必殺技が決まり、リングで3カウントを聞いたときは、本当に嬉しかった!

試合後にボスから「試合中の目が良かったよ! 良い試合をありがとう! そしておめでとう!!」っと、普段口数が少ないボスからの一言は、嬉しかったな。

試合後殴られすぎてなぜか左目だけが二重が三重に(笑)

この腰に巻いたオールスターレスリングインターナショナルチャンピオンのベルトを、俺は日本に持ち帰りたい!

試合後に胸毛ボーボーのイギリス人に襲われて、いろいろ言われて、週末に防衛戦が組まれたが「大和魂をなめるな!」って。

必ず防衛してやる!!

写真は来月発売されるパンフレットのインタビューと「月刊HEVEN」というイギリス雑誌のインタビューの模様。

早速、こうやって取り上げてもらえるのは、有難いよな。

ジャパニーズジョークが思いのほかうけたよ(笑)

まだまだ試合は続く。

外国人チャンピオンだけど、チャンピオンとしての役割や責任ある試合は変わらない。

応援して!!

オッと~~♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事