【W-1】「自分自身気付かされたことがあった。もう一度闘いたい」イケメン、左膝の靭帯損傷で欠場も、CIMAとの再戦には意欲!

「自分自身気付かされたことがあった。もう一度闘いたい」 イケメン、左膝の靭帯損傷で欠場も、CIMAとの再戦には意欲!

■2018.9.3WRESTLE-1記者会見②

「自分自身気付かされたことがあった。もう一度闘いたい」 イケメン、左膝の靭帯損傷で欠場も、CIMAとの再戦には意欲! ■2018.9.3WRESTLE-1記者会見②

9月3日(月)、都内・GSPメディアセンターにて、WRESTLE-1が記者会見を実施。昨日の『2018 プロレスLOVEinYOKOHAMA』大会で試合中に膝の負傷をし、救急車で運ばれていた黒潮“イケメン”二郎が出席。精密検査を受けた結果、左膝の後十字靭帯と内側靭帯を共に損傷していることが判明し、全治3カ月という診断をくだされたことが発表された。なお、これに伴い、現在保持していたリザルトチャンピオンシップは返上することも併せて発表されている。

会見場に松葉杖姿で登場したイケメンは、「試合そのものに怖さを感じた」と告白。しかし、身体の状態を万全に戻して復帰することを誓うと共に、昨日の試合後に辛辣に罵倒されたCIMAに対しても「自分自身気付かされたことがあった。だからこそもう一度闘いたい」と再戦を望むコメントを発していた。

また、同じ試合で立花誠吾も右腕尺骨骨折を負い、当面欠場となることも発表された。

「自分自身気付かされたことがあった。もう一度闘いたい」 イケメン、左膝の靭帯損傷で欠場も、CIMAとの再戦には意欲! ■2018.9.3WRESTLE-1記者会見②

【選手コメント】

黒潮“イケメン”二郎

「昨日の横浜文化体育館の大会で#STRONGHEARTSとの対抗戦で、キャプテンフォールイリミネーションマッチで闘ったんですけど、最後まで闘い抜くことができませんでした。試合中に左の膝の後十字靭帯と内側靭帯を伸ばしてしまいまして、後十字靭帯損傷、内側靭帯損傷。今日、精密検査をしてきたんですけど、全治3カ月。3カ月でもちょっと危ないという診断をいただきました。心配とご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。こんな大事な時に何やってんだと。昨日は本当に初めてプロレスが怖くなりました。今までそんな感情一つもなかったんですけど、試合中に次動いたら膝が反対に折れ曲がるかもしれないとか、そんな発想がポンポン出てきて、ドンドンパニックになって結果もすっと負けてしまって。ちょっとこの欠場期間は一度丸腰で自分のプロレスとプロレスについてしっかり前向きに考えたいなと思いました。だからこそ一度丸腰になりたいのでリザルトのチャンピオンベルトは返上します。一刻も早く帰ってこれるようにと言いたいところなんですけど、これを機にイケメン、そろそろ次のステージに進出したいと思っていますので、万全な状態に治して年内欠場します。まあ年内かはわからないですけど、万全の状態に身体が治るまでは自分がやれることはしっかりがんばってきます。オファーをいただいていた他団体は、K-DOJOさん、大阪のくいしんぼう仮面さん、あとイケメンフェスティバル、ジミー鈴木興行、10月の末に石川修司さんと竹田誠志さんの興行・町田プロレス、あとJ-STAGEですね。オファーをいただいたのですが、欠場ということで大変ご迷惑をおかけします。申し訳ございません。ただ、僕は別に死ぬわけじゃないんで、身体を万全に戻すための作業をひたすらやってくんで、イベントとかはすすんで出場しようと思っているので。イベント、営業、今自分ができる試合以外のことは全て出ようと思っています。とにかく今は前向きに考えていこうと思っていますので、リングの上のジャケット姿はしばらく休みます」

 

──試合中のどのタイミングで怪我をしたかはわかりますか?

 

イケメン 2階からのムーンサルトは大丈夫だったんですけど、リングに戻ってきてビッグマネー・クランチにムーンサルトを決めて3カウントを取ったんですけど、ムーンサルトが当たった時に思い切りヒザを弾いた感触がありまして、「うわーやっちゃったな」って思ったんですけど、そっからCIMAさんに頓所と2人で攻撃にいこうと思ってドロップキックをやろうとしたんですけど、2歩目ぐらいでぐりっと膝がずれて一気に激痛が来て。初めてでしたね。

 

──ムーンサルトが怖くなったりしませんか?

 

「自分自身気付かされたことがあった。もう一度闘いたい」 イケメン、左膝の靭帯損傷で欠場も、CIMAとの再戦には意欲! ■2018.9.3WRESTLE-1記者会見②

イケメン しました。ムーンサルトが怖いというか、試合がいかに今まではそんな深く考えずに試合していたんですよね。ただ、一度試合中に肩を壊して、最後まで試合ができたんですけど、それが膝ってなった時にゾッとしましたね。ムーンサルトが怖いとかじゃなくて、試合そのものが昨日は怖く感じてしまいましたね。

 

──復帰までに試合への怖さは克服できるものでしょうか?

 

イケメン 僕はプロレスラーとして生きていくつもりなんでもちろん克服しますし、ちょっと今は怪我をしたてで診断したばかりなんで頭が真っ白なんですけど、今月末の丸藤戦、楽しみにしていたみんな申し訳ないです。でも、俺はプロレス界にいるんで、いつかチャンスを掴めるように。お客さんがいつまでも俺の試合を見たいと思ってくれるように変わらずがんばりますので、楽しみにしていてください。

 

──CIMA選手とはああいう形での決着になってしまったんですけど、復帰した際にはもう一度試合をしたいという思いはありますか?

 

イケメン 昨日の試合は敵だし対抗戦だし、W-1を荒らしに来たっていうのはありますけど、あそこまでバッサリ言っていただいて。確かに挫折ってしたことないなって。あのマイクに救われたし、自分自身気付かされたことがあった。だからこそ、もう一度闘いたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事