【WWE】ロンダ、前哨戦にアームバーで辛勝

米国現地時間9月10日、ルイジアナ州ニューオーリンズでロウが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロンダ、前哨戦にアームバーで辛勝

PPV「ヘル・イン・ア・セル」でロウ女子王座戦が決定しているロンダ・ラウジーとアレクサ・ブリスが、それぞれナタリヤ、ミッキー・ジェームスと組んでタッグ戦で激突した。

ナタリヤはミッキーからスーパーキック、クローズラインを決められて劣勢になると、そのままアレクサ&ミッキーの巧みな攻撃に捕まってしまう

アレクサの不意打ちの平手打ちやシャドーの真似で挑発されていロンダは、ナタリヤと交代すると怒った表情でアレクサにプレッシャーを掛けるも、アレクサが素早く場外に逃げると、ミッキーに気を取られたロンダをバリケードにぶつけ、さらに脇腹を集中的に攻撃した。

劣勢に立たされたロンダだったが、自らの身体を叩いて気合を入れ直すと、交代したミッキーをジャブ&ボディのコンビネーションから一本背負い3発を繰り出すと、最後はアレクサに見せ付けながらアームバーを決めて辛勝した。

試合後、劣勢を跳ねのけたロンダが両手を上げて勝利をアピールしているとアレクサは腹いせにロンダの脇腹にサイドキックを見舞ってリングを後にした。

バックステージインタビューに「脇腹は大丈夫。例え怪我をしていたとしても「ヘル・イン・ア・セル」には出場するわ」とロンダは因縁のアレクサとの決着を強く望んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事