【新日本】L・I・J“新たなパレハ”は一歩踏み出す勇気を内藤からもらった鷹木信悟「これが鷹木信悟の出した答えだ、これから面白くなるなプロレス界は!」


九州三国志 presents KING OF PRO-WRESTLING
日時:10月8日(月) 15:30開場 17:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:9,152人

内藤が10.8両国にて“新たなパレハ”が登場する事を宣言し話題となっていたが、その正体は、元ドラゴンゲートの鷹木信悟であった。

第5試合 30分1本勝負
SHO●&YOH&矢野通&オカダ・カズチカ
vs
○鷹木信悟&BUSHI&SANADA&内藤 哲也
9分30秒  ラストファルコンリー片エビ固め

バックステージでのコメント

内藤「皆様の、パレハの予想は当たりましたか? まあ、当たった方も外れた方も、みんな色々な予想をして楽しんだ訳でしょ。プロレスファンにとって、一番贅沢な時間だよ。その時間を提供したのは一体誰ですか?我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンでしょ!まあ、皆様、彼の声を聞きたいでしょ。彼の考えを、この場で彼の声で聞きたいでしょ。しょうがないな。ちょっとだけだよ。ポッキートだよ。彼の声をじっくり聞いて下さい」

鷹木「これが鷹木信悟の出した答えだ。俺も内藤のおかげで一歩踏み出す勇気をもらったよ。面白くなるな、これからプロレス界は。内藤が言うように確かに俺は環境を変えるというリスクはあるかもしれないが、ハイリスク・ハイリターンだよ。リスクがなければ大きな成功はない。まあそういった利害が一致したということだ。ま、俺はこれからも必ず我が道を突き進むだけだから目を離すな」

BUSHI「今日の結果、そして会場の反応が全てだったんじゃないの。この先、新日本のスケジュールにある『SUPER Jr.TAG LEAGUE』、そこにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、BUSHI&鷹木信悟、エントリーさせてもらおうか。言っておくけどヒロムの代わりじゃないから。ヒロムとは違う新しい刺激を与えてやるよ。まっ、そのタッグリーグで俺たちとあたるのを楽しみにしておけよ。エン・セリオ。マ・ジ・で」

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事