【ZERO1】11.18広島 「動き始めなければ、何も始まらない」(世羅)

10月25日午後、アイスリボン・爆女王の世羅りさがコメントを発表した。
内容は、自身の持つ『爆女王』について。

世羅りさ コメント

本日はお忙しいところ、わざわざ取材に足を運んで頂きありがとうございます。
ここは、とある消防署さんです。

私は、今、爆女王です。電流爆破の女子では一番ということです。
沢山のデスマッチをしてきた私が、その女王として君臨しています

しかし、当然ですが先人の工藤めぐみさんや長与千種さん、大仁田厚さんのイメージには至っていません。
工藤めぐみさんからは「あなたの思う『爆女』にすれば良いのよ」と言っていただけました。

私らしい爆女王の姿とは?悩んでいでも仕方ない。動き始めなければ、何も始まらない!そう思い、今日はここへ来ました。
概要はまだ発表できませんが、私なりの爆破革命を起こしたいと思います。

そんな中で、11月18日の広島マリーナホップで行われる、テキーラ沙弥との爆女王選手権ですが、パートナーに関して、事務局からは何の音沙汰も無い。
しかし、事務局から連絡が無いからと、沙弥は何も動かないのか?
事務局任せで、自らの意志では動かないのか?
そんな姿勢で選手権に臨むのか?
初めての、デスマッチ、電流爆破。分からない事だらけで不安だらけだと思うけど、動かなければ何も先に進まない。
王者が、先を見据えて動いている中で、思い出作りだけの選手には負ける訳がない。
対戦相手として、私をもっとワクワクさせて欲しい。

そして、私の元へは『逆指名』が届きました。
東海から西日本地区を主戦場としている、久保田ブラザーズの弟・ヒデ久保田選手から、広島で行う電流爆破く参加させて欲しい旨が、実行委員会に届いたそうです。

久保田選手も爆破未経験。でも、この爆破で何か掴みたいと熱望されているそうで、ならば断る理由はありません。
私のパートナーとして、お受けすることにしました。

自ら動いて、チャンスを掴もうとする前向きな姿勢。
爆破未経験の久保田選手を引っ張りつつも、私が沙弥を爆破し爆女王を防衛したいと思います。

11/18広島マリーナホップ
☆爆女王選手権試合 時間無制限一本勝負
(爆女王)世羅りさ&ヒデ久保田 vs テキーラ沙弥(挑戦者)&未定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事