【WWE】アスカ、大ブーイングのナイアに敗れてチームロウ勝利

現地時間1118日にカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターにてPPV「サバイバー・シリーズ」が開催された

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカ、大ブーイングのナイアに敗れてチームロウ勝利

ロウ”“スマックダウン”2大ブランド対抗の女子55エリミネーション戦がPPV「サバイバー・シリーズ」で行われた。

チームロウからはナイア・ジャックス、ミッキー・ジェームス、タミーナ、サーシャ・バンクス、ベイリー、チームスマックダウンからはアスカ、ナオミ、カーメラ、ソーニャ・デヴィル、マンディ・ローズが出場した。

タミーナ対ナオミでスタートするとタミーナがコーナーのスマックダウンメンバーにも攻撃して乱闘に発展するとそのタミーナを脱落させたカーメラが “ダンスブレイクで踊り出して会場を盛り上げた。

さらにベイリーとソーニャが2人同時に場外カウントアウトで脱落すると、ロウにはサーシャとナイア、スマックダウンにはアスカ1人だけが残った。

数的不利なアスカだったが、サーシャの顔面にニーを叩き込むと、2人にヒップアタックを叩き込んで劣勢を打開。

さらにここでナイアが突然チームメイトを裏切り、コーナートップのサーシャを故意に押してリングに落とすと、アスカはすかさずアスカロックで捕まえてサーシャを沈めた。

しかし、アスカはナイアにレッグドロップ3発から豪快なサモアンドロップを食らうと、さすがのアスカも起き上がれず3カウント。

大ブーイングを受けるナイアだったが、女子55エリミネーション戦で最後まで残ってチームロウの勝利となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事