『プロレス秘史1972-1999』<小佐野景浩氏インタビュー②>週刊ゴング時代、熱血プロレスティーチャーのこれから!

週刊ゴング元編集長、現プロレスライター&評論家の小佐野景浩氏が徳間書店より『プロレス秘史1972-1999』を刊行。

空前のプロレスブームと言われる昨今、その原風景として記憶に残るのは、アントニオ猪木率いる「新日本プロレス」とジャイアント馬場率いる「全日本プロレス」に他ならない。72年に旗揚げされた両団体を中心に、数々の名勝負の裏側と背景を解説。99年1月の馬場の急逝まで、試合ではわからない選手同士の遺恨や両団体の水面下での覇権争いなどについても著者の取材メモをもとにマット界の真実に肉薄した1冊。

『プロレス秘史1972-1999』を通じて改めてプロレスの魅力を熱血プロレスティーチャー小佐野氏に語って頂きました。<パート②>

 

②週刊ゴング時代

【まさかの大仁田対天龍戦】

小佐野:例えば大仁田対天龍。最終的にやりましたよね、電流爆破を。それも前の年の暮れに大仁田厚に天龍さんと会いたいということを言われていたんですよね。で、2人を品川のホテルで会わせたのが原点ですからね。で、なんか大きなことやりませんかと大仁田さんがいって、天龍さんがそうだねと。それがスタートでした。

 

–あの結末もびっくりしました。

 

小佐野:というような形で決まって。でも細心の注意を払わなければいけないのは、変な独占のスクープをしたら、他のマスコミの総スカンをくらって、駄目になっちゃうんですよ(笑)。

 

–マスコミの在り方っていうのは、プロレス界は、非常にスクープの取り方っていうのは難しそうですよね。

 

小佐野:基本的に週刊誌はスクープはないわけですよ。新聞なんですよ、スクープは。というのは新聞広告を出すじゃないですか。そうすると何日か前にはこっちの内容が分かるわけですよ。その見出しを見て取材されたら、本当にスクープだとしても新聞で先に出ちゃうから。で、僕がでも有利だったのは、週刊誌にはスクープはないと新聞の人は分かってる、そうすると東スポの記者も日刊の記者もデイリーの記者も僕に話をしてくれるわけですよ、出し抜くことがないから。そうすると「これ、他の新聞社の記者には教えないでね、内緒ね。」っていろんな情報が入っちゃうわけですよ。そういうのがありましたよ。
あとは援護射撃をしてほしい場合もあるわけですよ。新聞社が。自分達の書く記事に。

 

–そんな場合もあるんですね。

 

小佐野:例えば、火曜日にこういう記事を書く。そっちは水曜日発売だと、そこに載ってもいいわけですよ、新聞としては記事が出てるわけだから。
後追いをして、盛り上がったほうがいい場合は「うちは何曜日にこの記事を載せるから、よかったらそっちもやらない?情報を提供するよ」という場合もあったわけですよ。

 

–面白いですね。

 

小佐野:だからみんなが一緒になって作っていったんですよね。
その中でもマスコミ同士のせめぎあいもあって。それはすごく注意しましたね。やはり他社の情報をもらさないという。

 

 

【闘魂三銃士&全日四天王の時代】

 

–あと話が変わりますが、三銃士と四天王の時代も熱かったですよね。

 

小佐野:そうですね。まあでもこの頃になるといろんなサイクルが早くなってくるから、温めて温めて試合が実現っていうのがあんまりなくなってきますよね。

 

–たしかにマッチメイカーの腕の見せどころでしたね。

 

小佐野:どう組み合わせていくかみたいに変わっていくんで、だんだん書きにくくはなっていくんですよ(笑)。

 

–たしかに武道館の満員伝説が続いたり、三銃士を使ったビックマッチがいろんなところであってドーム興行が連発していた時代というのはやっぱり今と比べてもすごいなと思います。

 

小佐野:三銃士も四天王もお互いライバル意識があるから、そういうところにスポットを当てると結構面白くなるんですよね。特に三銃士は誰が上がってる時、誰が沈んでるとかっていうのが結構あるんですよ。特に橋本真也はジェラシーを燃やしたりするから。そういうとこ面白いです。

 

–裏側では三銃士と四天王は会ってた時期もあるとか。

 

小佐野:馬場さんが亡くなってからですね。あ、その前にも1回会ってるかな?三沢が全日本の実権を握ってから会うようになりましたね。馳浩が仲介をして。で、結局、馬場さんの引退興行としてやった東京ドームで川田利明対橋本真也っていう案があったけど流れちゃった。橋本がずっと欠場が続いていて、復帰戦を新日本じゃなく全日本でやろうか、川田でどうかという話が水面下であったんだけれども、まず1つは馬場元子さんの反対。馬場さんの大事な引退試合で部外者の人を上げたくない。あとは新日本サイドも話がまとまらないですよ、その当時の三銃士の力では。

 

–そんな事があったんですね。しかし新日本プロレスは三銃士が頭角を現してからマッチメイクの幅が広がってすごく盛り上がりました。特に当時は外国人選手も新日本プロレスも重量級の選手が多くて、ベイダーやビガロ、ノートン絡みの試合はすごく面白かったですよね。

 

小佐野:まあ長州力さんは現場監督時代について「三銃士としていると強いんだけど、バラけるとちょっと弱いところがあったから、源ちゃん(天龍源一郎)がきたときは源ちゃんにメインを取ってもらって、その下でうまく三銃士を使って成長するまで待つっていうやり方をしていた」と言ってました。どこで彼らで勝負するかという見極めをしてましたね。

 

–四天王に関して、も三沢さんと川田さんも学生の頃からのライバルストーリーがあったりとストーリー性がありましたね。

 

小佐野:あとは小橋と田上の入門の時の・・・僕と日刊の川副さんという記者が小橋と田上間違えちゃったという。小橋が入門したときに田上だと思って取材して「なんだ新弟子かい!」みたいな。で、記事がボツになって。小橋は「いつ記事になるんだろうな」と思ってて、「ごめんね、ちょっと記事にならないんだよね」って(笑)。

 

–それは面白いですね(笑)。

 

小佐野:まあやっぱりあの2人のライバルストーリーもあったり、川田も小橋には絶対負けたくないっていうのがあったりだとか。まああの4人もそれぞれの人間関係があるので、それは面白いですね。

 

–それが1部~3部まで綴られているので、読者の方にはぜひ読んでいただきたいたですね!

 

プロレス秘史1972-1999
 第1部 馬場・猪木の時代からタイガーマスク誕生まで
 第2部 「俺たちの時代」とUWFブーム
 第3部 天龍・大仁田に続いた三銃士と四天王の躍動

 

小佐野:だからこれ、『プロレス秘史』って書籍の名前に問題ありだったのかなとも思うんだけど、Amazonのレビューとか見ると、暴露本だと思って買った方もいるみたいなんですよね。そうなると、暴露本じゃないじゃないですか。「なんだ暴露本じゃないのかよ」みたいなのもあって。みんな、プロレスで暴露暴露って言うけど、そんなにプロレスって暴露することないんですよ。というのは、突き詰めていったら当事者しか分からないんだから。みんな自分に都合いいことは言うかもしれないけど、何が真実かなんて本当分からないからね。たまたま浅草キッドの玉さんが、『週刊読書人』という書評の新聞でこの本を取り上げてくれて。書いてくれたのは、例えば昔の映像を見るじゃないですか。そうすると「あぁこの試合って何で出来たんだっけな」とか結構あって疑問が出てくるんだけど、この本で「あ、そうだったって思い出させてくれる」って。だから「例えば昔のレコードを買うと、ライナーノーツがあったり、映画のパンフレットのプロダクションノートがあったりとか、そんな役目として読みました」ってあったけど、確かにそんな感じで読んでもらえるといいかもしれないですね。

 

–わたしはちょうど年代がドンピシャなので、時代を振り返りながら楽しく読ませていただきましたね。

 

小佐野:自分はあのとき何やってたなとかね。たぶんそうなんですよ。でも当時をリアルタイムで見ていなかった若い方達には、例えば昔の映像を見てから読んでもいいし、読んでから見てもいいし。そんな感じで参考にしてもらえればいいかな。

 

–非常にボリュームのある本なので、ぜひ若い方にも読んでいただきたいですね。

 

小佐野:152の話があるので、1日1個ずつでも2個ずつでもいいわけだし。でもできれば順番に読んでいってほしいですね。

 

–年代を感じてもらえたらいいですね。

 

小佐野:時代は繋がっているっていう。やっぱりプロレスは大河ドラマなんだなということを分かってもらえると、非常にプロレスを楽しめると思います。

 

 

⇒次ページに続く(週刊ゴング時代)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、❝楽しめるプロレスNEWSメディア❞『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3