【新日本】棚橋弘至が総合司会で贈る 『新日本プロレス 2018 年総決算 平成最後の大晦日愛してまーす!』12月31日よる 11:00~元日深夜 1:00 CSテレ朝ch2にて放送!

「2018 年プロレス大賞MVP」に輝いた、棚橋弘至が総合司会で贈る 『新日本プロレス 2018 年総決算 平成最後の大晦日愛してまーす!』12月31日よる 11:00~元日深夜 1:00 CSテレ朝ch2にて放送!

●番組見所:
2014年度以来、4年ぶり4度目となる「プロレス大賞MVP」を受賞した棚橋弘至を「総合司会」に据え、真壁刀義や獣神サンダー・ライガーら、人気レスラーが一堂に会した「平成最後の忘年会」!!2018年 心に残った試合や、合宿所・巡業中など、リングの外で起きていた衝撃㊙事件簿など…さまざまなトークテーマが用意されている中、今年「G1クライマックス優勝」というリング上での結果だけでなく、初主演映画「パパはわるものチャンピオン」も公開されるなど、プロレスの枠を超えて、その認知度を高めた「MVP男」棚橋弘至の発言にやはり注目が集まった。

☆「2018 年一番心に残っている自分の試合」
8・12日本武道館での頂上決戦。飯伏幸太との「G1クライマックス優勝決定戦」
満員の客席の中、飯伏のセコンドにはケニー・オメガ、棚橋のセコンドには柴田勝頼と最高の役者が顔を揃えた。

その「最終盤」に事件は起きていたという…「試合が終わる直前から全く会場のノイズや歓声が聞こえなくなった」
一体あれはなんだったのか…果たしてその真相は!?

また、プロレスファンがいま最も注目している☆「オカダ・カズチカ」との握手と、その後の関係性に対して…
オカダと組んで、2人で並んだ時、見た目の豪華さはあるなと(笑)6年間ともに闘ってきた「関係性」が新しくなった気がする。次にシングルマッチをした時に、きっと「新しい感覚」が、生まれてくるだろうな…。“意味深”な発言の連続、、、そしてその他にも…

今年の「ロス興行」で目の当たりにした、柴田勝頼(2018年3月に新日本プロレス・ロサンゼルス道場が新設されたことに伴い、柴田がヘッドコーチに就任。指導を行いながら復帰を目指している)のLA道場㊙話など、貴重なトークが満載だ。

来年1.4に行われる「イッテンヨン 東京ドーム大会」
IWGPジュニアヘビー級選手権で「初防衛戦」に挑む「第82代王者」KUSHIDAや、ダブルメインイベント IWGPヘビー級選手権で「第66代王者」ケニー・オメガ に挑む「G1クライマックス28優勝者」棚橋弘至の「王座奪還への決意」が詰まった「2時間SP」となっている。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事