【WWE】中邑がルセフに敗れてUS王座陥落

現地時間1218日収録、25日放送でスマックダウンがカリフォルニア州フレズノのセーブマートセンターで開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑がルセフに敗れてUS王座陥落

US王座中邑真輔が王座を賭けてルセフと激突し、マチカキックを決められた中邑が今年最後のスマックダウンで王座から陥落した。

中邑は「ルセフがクリスマスプレゼントを欲しがっていたが、奴がもらうのはニー・トゥ・フェイスだ」とキンシャサ予告して試合前からルセフを挑発。

試合では中邑がヒザ攻撃や三角締めを繰り出して攻め込めば、ルセフはスープレックスやショルダータックルのパワーファイトを展開。

予告通り中邑がコーナーのセカンドロープからキンシャサを決めるも、ルセフは追撃をカウンタースーパーキックで応戦。

さらに中邑はショートレンジのキンシャサを叩き込むも3カウントを奪えず、続けてキンシャサを狙った中邑だったが、ルセフがカウンターのクローズラインからのマチカキックを中邑に叩き込んで3カウント。

中邑は今年最後のスマックダウンでUS座から陥落した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事