【WWE】ヒデオ、PPV「ロイヤルランブル」のフェイタル4ウェイクルーザー級王座挑戦権を獲得

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWE Japanより日本時間1月10日に205 Liveが配信された。

205 Liveでヒデオ・イタミがPPV「ロイヤルランブル」で行われるフェイタル4ウェイクルーザー級王座戦の挑戦権を懸けてセドリック・アレクサンダーと対戦し、ヒデオが激闘を制して王座挑戦権を獲得した。

ヒデオは序盤から激しい蹴りをアレクサンダーに攻め込むと、セコンドのアリーヤ・デバリもレフェリーの死角でクローズラインをアレクサンダーに叩き込んで試合を優勢に進めた。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アレクサンダーが反撃とばかりに場外のヒデオとデバリにトペ・コンヒーロを繰り出せば、ヒデオもエプロンから場外にファルコンアローを叩き込んで激しい攻防を展開したが、最後はヒデオがドラゴンスリーパーの体勢から強烈なヒザをアレクサンダーに叩き込んで3カウント。

見事、ヒデオが強敵アレクサンダーを沈めて王座挑戦権を獲得した。これでヒデオ・イタミ、戸澤陽、カリストがクルーザー級王者バディ・マーフィーに挑戦することが決定した。

フェイタル4ウェイクルーザー級王座戦が行なわれるPPV「ロイヤルランブル」は日本時間1月28日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事