「東京03」豊本明長夫人のミス・モンゴルがスターダム★アイドルズに宣戦布告!伝説の“ブス vs カワイイ抗争”が再燃か!?

お笑いトリオ東京03・豊本明長の妻で女子プロレスラーのミス・モンゴル(42)が、プロレスとアイドルを融合させた新団体スターダム★アイドルズに宣戦布告した。

17年初夏に豊本と入籍したモンゴルは、同12月末に第1子となる女児を出産。昨年3月に“ママさんレスラー”として復帰したが、その後は育児に重点をおいて、マイペースでプロレス活動を続けてきた。

しかし、子どもが1歳になったことを機に、本格復帰を決断。地元である北海道で「北海道プロレス」を設立し、2月2日には千歳・支笏湖温泉特設会場で旗揚げ戦を開催する。その一方で、新たなターゲットとして、スターダム★アイドルズを標的に定め、2月11日の東京・新木場1stRING大会に参戦することが決まった。

モンゴルは「師匠である大仁田(厚)さんから声を掛けていただいたんだけど、スターダム★アイドルズって、中野たむの団体でしょ? あの子とは一昨年抗争したけど、まだ決着がついてない。だったら、たむとの決着戦を組んでほしいと思ってたんだけど、舞台出演のため欠場っていうじゃない? なめてんのか? たむがいないなら、アイドルズの新人メンバーと試合を組め! なんならハンディキャップマッチでもいい」と怒りの要求。

17年4月、超戦闘プロレスFMWに、デビューして1年にも満たなかった中野を、大仁田が抜擢したことで、モンゴルは「カワイイから参戦というのは気に食わない。がんばってるブスは認めてもらえないけど、がんばってるカワイイ子がすぐ認められるのは許せない」と激怒。

モンゴルは試合と関係ないところで、中野を2度、電流爆破バットで殴打し、負傷した中野が救急搬送されるなど、両者の“ブスVSカワイイ抗争”はヒートアップし、遺恨が深まった。

同7月15日、東京・新木場で、両者はランバージャックデスマッチで初めて一騎打ちに臨んだ。試合はリングを取り囲んだセコンド陣が、いっせいに“カワイイ”中野に加勢。セコンドの一人に有刺鉄線バットで殴られたモンゴルがフォール負けを喫し、ひとまず決着がつく格好となった。

その後、モンゴルは懐妊が分かり、産休に入ったため、両者の抗争は封印されていたが、スターダム★アイドルズへの出場が決まり、モンゴルの怒りが再燃したようだ。

「シングルマッチでは確かに私が負けたけど、それは理不尽な試合だったからでしょ。ほかのタッグマッチでは私が全勝してるし、たむとは決着がついたとは思ってない。だけど、今回たむがいないんなら、ターゲットは新人のアイドルズ。プロレスとアイドルを両立させるなんてなめてる!」(モンゴル)

ただモンゴルには、どうやら別の狙いもあるようだ。「アイドルズにはカワイイ子がいっぱいいるんでしょ? ド新人とやってもまともな試合にはならない。たむはいないわけだし、私が見込んだ選手がいたら、スカウトしてキャットファイトに連れて行く! 人さらいだね。ファンも、その方が喜ぶんじゃない?」と仰天プランを口にした。

キャットファイトとは、女子プロレスの原点ともいえるもので、お色気要素も取り入れた戦い。モンゴルは01年に設立されたCPE(キャット・パニック・エンターテインメント)で、選手兼プロデューサーとして活躍している。

中野が不在のうちに、アイドルズメンバーが引き抜かれようものなら大変なことになる。

果たして、スターダム★アイドルズは、モンゴルにどのようなマッチメークを用意するのか、注目が集まる。

「スターダム★アイドルズ -3rdー」
日時:2月11日(月・祝)(12時開始)
会場:東京・新木場1stRING

<出場予定選手>大仁田厚、スターダム★アイドルズ
ミス・モンゴル、タイガー戸口、橋本友彦、HASEGAWA、雷電、太仁田ブ厚、怨霊、寧々∞D.a.i、その他

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事