【WWE】中邑&ルセフがタッグ戦でギャローズ&アンダーソンを一蹴

現地時間25日、ワシントン州エバレットのエンジェル・オブ・ザ・ウインド・アリーナでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑&ルセフがタッグ戦でギャローズ&アンダーソンを一蹴

US王座陥落となった中邑真輔とライバルのルセフがタッグを組んでルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンと激突した。

不穏な空気が漂う中邑&ルセフは試合途中で揉める場面があったものの、ルセフがギャローズ&アンダーソンにマジックキラーを狙われると、場外で倒れていた中邑が何とかルセフを救出。

試合は白熱の攻防を展開するも、最後はルセフがマチカキックでアンダーソンを沈めて3カウント。

中邑&ルセフが熱戦を制してギャローズ&アンダーソンを一蹴した

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、❝楽しめるプロレスNEWSメディア❞『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事