【WWE】ベッキーが60日出場停止処分!レッスルマニア代理にシャーロットが電撃決定

米国現地時間211日、ミシガン州グランドラピッズのヴァン・アンデル・アリーナにてロウが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆ベッキーが60日出場停止処分!レッスルマニア代理にシャーロットが電撃決定

出場停止処分のベッキー・リンチの代理にシャーロット・フレアーの出場が電撃決定し、レッスルマニア35でロンダ・ラウジーと対戦することとなった。

ロウ・オープニングでベッキーと権力者トリプルHステファニー・マクマホンが対峙すると、トリプルHは先週の暴言を謝罪し、ッキーがメディカルクリアとなって出場停止処分が解かれたこと伝えた。

しかし、トリプルH&ステファニーは「パンチと平手打ちを食らった」としてロンダとのレッスルマニアでの王座戦に関してベッキーに条件として“謝罪”を要求。

これにベッキーは「誰も私の機会は奪えないし、謝罪もしない」と一度は対立したが、エンディングに再び現れると仕方なく謝罪した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

すると、そこへロンダ、続けてビンス・マクマホン会長も登場すると事態は急展開。

ビンス会長はベッキーの謝罪を拒否すると、「態度が気に入らない」と再びベッキーに60日の出場停止処分を言い渡し、レッスルマニアの代理としてシャーロットを呼び込んで「シャーロットが新ロウ女子王者になるだろう」とロンダとの王座戦を予想した。

PPV「レッスルマニア35は日本時間48日にWWEットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事