【マスターズ】前田日明がセコンド登場!長州・藤波の挑発には乗らずも場内大熱狂!復帰は「ダメですね」と否定

「PRO-WRESTLING MASTERS」
2019年2月15日(金)後楽園ホール

観衆:1759(超満員札止め)

▼第4試合 革命戦士ファイナルマスターズ!格闘王初降臨! スペシャル6人タッグマッチ 45分1本勝負
藤波辰爾&長州力〇&獣神サンダー・ライガー

vs(ラリアットからの体固め)

藤原喜明&長井満也&冨宅飛駈✖ with 前田日明

 

あの“格闘王”前田日明が後楽園のリングにセコンドとして参戦。

この日は同じUWF出身の藤原喜明、長井満也、冨宅飛駈のセコンドにつき、懐かしの対戦相手である藤波辰爾、長州力、獣神サンダー・ライガーと向き合った。

先に入場した藤波組でもマスターズ最後の参戦となった長州力にも注目が集まった。

試合中にも藤原や藤波から再三、挑発されたが前田の乱入はなく最後は長州が冨宅を得意のリキラリアットで仕留めた。

最後に前田がリングインし挨拶中に長州がリキラリアットを放つ動きを見せ藤波からも再度の挑発を受けるも笑顔でやんわりと拒否。

バックステージでも現役復帰についても「引退試合をやったんでダメですね」と話し、現役選手へも自身の経験を通じて「業界の人達まで騙す」ことが今は足りないとメッセージを送った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事