【WWE】「WWE王座になる!」キングストンが調印式で王者を威圧

現地時間42日、メリーランド州ボルチモアのロイヤル・ファームズ・アリーナでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆「WWE王座になる!」キングストンが調印式で王者を威圧

PPV「レッスルマニア35」で激突するWWE王者ダニエル・ライアンとコフィ・キングストンが調印式に登場した。

コフィ”チャントの大声援の中、ブライアンは契約書にサインすると「人生のレッスンをしてやる。この声援は一時的なものだ。“イエス”チャントの時と同じで奴らは寄生虫だ」とかつての自分に照らし合わせてキングストンに忠告した。

するとキングストンは突然話を遮って立ち上がると「今度は俺の番だ!お前は俺のことをわかんってない。俺は11年間シングルのWWE王座戦をしていないんだ。これは心理戦だろうが、俺は準備ができている。レッスルマニアでお前を倒してWWE王者になる!」と意気込んで、契約書にサイン。

正式決定したWWE座戦を前にキングストンは王者ブライアンを睨みつけて威圧した。

WWE王座戦が行なわれるPPV「レッスルマニア35は日本時間48WWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事