【WWE】新間寿氏が2010年のアントニオ猪木、2015年の藤波辰爾、2017年の力道山、2018年のヒロ・マツダに続き、日本人5人目の殿堂入り!

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWE最大の祭典「レッスルマニア」ウィークの米国現地時間4月6日、ニューヨーク市ブルックリンのバークレイズ・センターでWWEの名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」の記念セレモニーが開催されました。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レガシー部門ではブルーザー・ブロディ、ジム・バーネット、新間寿、ルナ・バション、”プレイボーイ”バディ・ローズ、プリモ・カルネラ、プロフェッサー・トール・タナカ、スペシャル・デリバリー・ジョーンズ、ワフー・マクダニエル、ジョー・コーエンが殿堂入りし、日本人として新間寿氏が選ばれて2010年のアントニオ猪木、2015年の藤波辰爾、2017の力道山2018年のヒロ・マツダに続き、日本人5人目の殿堂入りを果たしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事