【イベント情報】伝説のイベント「藤原祭り」が復活!『最強レスラー数珠つなぎ』発売記念トークショー!4.20(土)藤原敏男&藤原喜明‟W藤原祭り”

『最強レスラー数珠つなぎ』発売記念トークショー!伝説のイベント「藤原祭り」が復活!!

4.20(土)藤原敏男&藤原喜明‟W藤原祭り”(ダブルふじわらまつり)が東京・EDITORY 神保町にて17:00から開催される。

~藤原祭りとは~
ムエタイの本場タイで外国人初のチャンピオンとなるなど、キックボクシングの一時代を築いた藤原敏男が、2003年から2014年まで開催していた興行。藤原喜明、初代タイガーマスクをはじめとするレジェンドが集結し、全日本キックルールで熱い闘いを繰り広げた。無類の酒好きである藤原敏男らしく、試合の中盤で藤原喜明とリング上で一升瓶を持って暴れ回るなど、ハチャメチャ感も見物だった。

~イベント内容~
ライター尾崎ムギ子のデビュー作『最強レスラー数珠つなぎ』のテーマである「強さとはなにか?」について、本書にも登場した格闘技界のレジェンド「W藤原(藤原敏男、藤原喜明)」と、酒を酌み交わしながらとことん語り尽くします。大酒飲みのふたりを前に、尾崎はどんなトーク(闘い)を繰り広げるのか!?

「男の強さとは、愛である」藤原敏男

「ルールに基づいて、勝ったもんが強いんだ」藤原喜明
(『最強レスラー数珠つなぎ』より)

<著者・尾崎ムギ子さんコメント>


藤原敏男さんは、プロレスファンにはあまり馴染みがないかもしれません。ですが、昭和のプロレスラー的な武勇伝を数々お持ちで、とても魅力的な方です(※酔うとハチャメチャ)。組長とは「会うと喧嘩ばかり」とのことなので、イベント中に乱闘が始まらないか若干ヒヤヒヤしておりますが、お互いへのリスペクトは相当なもの。「強さとはなにか?」――ただそれだけを考えて生きてきたお二人に、拙著『最強レスラー数珠つなぎ』で追い求めた“強さ”について、お酒を飲みながらノーツイート話をガンガンしていただこうと思います!また、会場にて髙山善廣さんの募金箱を設置いたします。ご協力いただいた皆様には、榎本タイキさんによる髙山選手のイラスト入りしおりをお渡しします。※ちなみに、サイン会ではわたくしのハグ付きです(笑)。

尾崎さんのハグは各プロレス会場で非常に人気となっている。

※トーク終了後、『最強レスラー数珠つなぎ』のサイン会を開催。
「W藤原」の二人のサインを書籍に入れてもらえる。
会場で販売しているが、他店で購入した本でも可。
※お酒の持ち込み自由なトークショー

ゲスト:
藤原敏男
藤原喜明
尾崎ムギ子(『最強レスラー数珠つなぎ』著者)
MC:鈴木健.txt

日時:2019年4月20日(土)17:00-19:00(開場16:30)
会場:EDITORY 神保町
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2階
TEL:03-3263-0202
※神保町駅 A4出口より 徒歩1分
http://www.editory.jp/
参加費:2000円(1ドリンク付)

主催:イースト・プレス
協力:伊野尾書店

~お申込み方法~
メール、ツイッターDM、Facebookページにて
「4月20日W藤原祭り予約」
名前、参加人数、電話番号を記載
・メール:wfujiwara.fes@gmail.com
・Twitter:@ozaki_mugiko(尾崎ムギ子)または、@eastpress_mag1 (担当編集者)
・Facebook:https://www.facebook.com/events/318208055507094/

~出演者プロフィール~

藤原敏男(ふじわら・としお)
1948年、岩手県宮古市田老鉱山生まれ。1969年7月、目白ジムに入門。“鬼の黒崎”こと黒崎健時の指導を受ける。同年10月1日、キックボクシングデビュー。全日本ライト級王者を経て、1978年3月8日、外国人としてはじめてムエタイの頂点・ラジャダムナン王者となる。“キックの荒鷲”と呼ばれるほど激しい攻撃力を持ち、キックボクシングの一時代を築いた。1983年、現役を引退。

藤原喜明(ふじわら・よしあき)
1949年、岩手県和賀郡(現・北上市)生まれ。23歳で新日本プロレスに入門し、僅か10日でデビュー(対藤波辰巳戦)するも、前座生活が続く。31歳のとき、米フロリダのカール・ゴッチ道場で関節技を磨く。1984年、長州力襲撃事件をきっかけにブレイク。その後、UWFに参加し、団体解散後、藤原組を旗揚げ。サブミッション・レスリングに傾倒し、その実力者ぶりから“関節技の鬼”として知られる。

尾崎ムギ子(おざき・むぎこ)
1982年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業後、リクルートに入社。求人広告制作に携わり、2008年にフリーライターとなる。「日刊SPA!」、「ダ・ヴィンチ」などでプロレスの記事を中心に執筆。プロレス本の編集・構成も手がける。今年3月、『最強レスラー数珠つなぎ』(イースト・プレス)を上梓した。

鈴木健.txt (すずき・けん)
21年間、『週刊プロレス』にて編集記者、編集次長、同モバイル編集長を務め、現在はプロレス、音楽、演劇など表現ジャンルに関する編集ライター。番組、イベントのMCほか40団体以上のプロレス実況、解説を経験。著書に『プロレス きょうは何の日?』(河出書房新社)がある。

『最強レスラー数珠つなぎ』とは…

プロレスとは? 強さとは? 生きるとは?
「あなたが最強だと思うプロレスラーを指名してください」
団体の垣根を越え、総勢19名、奇跡のバトンがつながれた。プロレスラーが「自分より強いと思うレスラー」を指名するーー「日刊SPA!」連載時から物議をかもした問題作がついに単行本化!
プロレス界のレジェンドも絶賛!

「強い者には常識を打ち壊す力がある!ムギ子さんにもその資質を感じます」佐山サトル

「強さとは何か?世の男共の永遠のテーマ。ちょっと変なムギ子さんでなければ書けない本だ」藤原喜明

http://www.eastpress.co.jp/shosai.php?serial=3204

四六判 320ページ
定価(本体1300円+税)
イースト・プレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事