【東京女子プロレス】‟JKレスラー”小橋マリカ インタビュー!休業を発表した心境、初の写真集撮影秘話、そしてプライベートを語る!

5月25日(土)北沢タウンホール大会を最後に、大学受験のため約1年間のプロレス活動休業を発表した小橋マリカ選手。

休業を迎えるにあたっての心境や今後について、そして5.3後楽園ホール大会での才木玲佳選手とのタッグチーム‟マッスルJK”への思い、さらには写真集発売など多くを語ったインタビューをご覧ください。

――2017年12月以来のインタビューですが、大人の雰囲気になりましたね

小橋「前回のインタビューの時の写真を見たんですけど、めっちゃ幼かったです(笑)」

――その幼さがウリでしたよね

小橋「確かに、ファンの方の層も変わった気がします(笑)」

――なるほど、今回は大学受験での休業を発表されましたが

小橋「はい、大学受験の準備期間の為に休業します」

――受験ということは学校が好きなのですか

小橋「はい学校が好きです、楽しいんです」

――どんなところが楽しいのですか

小橋「友達がいるので行くだけで楽しいです。先生達もみんな優しくて、とても環境に恵まれているなと思います」

――大学では得意分野に磨きをかけると思うのですが得意な科目は何ですか

小橋「得意と言われるとピンとこないのですが、好きなのが英語なんです」

――プロレスラーにとって英語はワールドワイドに活躍するとしたら重要ですね

小橋「ワールドワイド(笑)」

――もちろん日本に来る外国人選手とのコミュニケーション取れますしね

小橋「そうですね、一緒にご飯とか行くのが好きですね」

――その時は英語で会話ですか

小橋「はい、でもめっちゃグーグル翻訳とか使います(笑)」

――じゃあまずは翻訳して、それを見てから会話という感じですか

小橋「まずはだいたい英語で話してこれは言えないっていうやつは、めちゃくちゃ正確な翻訳のアプリがあるんでそれを使って聞いて、そこから自分で言います」

――それでちゃんと意思の疎通はできますか

小橋「だいたいできますね。それでもどうしても伝わらなかったら写真を見せます。この間、お寿司屋さんに行った時にウナギが英語で分からなくて写真見せて伝えました。その時に一緒に行ったのがプリシラでウナギがめっちゃ好きだったんですよ」

――外国人選手でウナギ好きって珍しくないですか

小橋「そうなんですよね、ウナギが1番好きって言っていて珍しいなって」

――なるほど、ではやはり大学では好きな英語を伸ばしていきたいということですか

小橋「そうですね、あまり語っていないんですけど(笑)」

――JKレスラーとして活躍していましたが、大学にチャレンジするこの休業期間に勉強以外でチャレンジしたいことはありますか

小橋「女子高生向けの番組とかそういうのは挑戦したくて、AbemaTVとかでやっているのような番組をやってみたいなと考えたりしてました」

――それは凄くいいですね

小橋「JKの間にできることを、けっこう友達とかがそういうのに出てる子が多くて、なので私も出てみたいなって。今しかできないことなので」

――大学に受かったらプロレスに復帰というイメージですか

小橋「はい、期間はまだ決まっていないんですけど落ち着いたら戻ってきたいなって思っています。やり残したことが一つあって…」

――やり残したこととはなんですか

小橋「小橋マリカなんで、小橋マリカとしてデビューしたからには小橋としてやりたいことがあるなっていう」

――なるほど、小橋マリカの名にちなんだ何かですね、それは楽しみですね。では5.3後楽園大会での才木玲佳&小橋マリカvs里歩&らくの試合についての心境を教えてください

小橋「1年前の5.3後楽園でベルトを獲ったんです。それで次の5.3はずっとカードは誰となんだろうと思っていてリング上でカードを聞いた時に、最後にまたマッスルJK(才木&小橋)が5.3後楽園でできるんだなっていう。あの時に獲ったけれども後々に悔しい思いをしたので、それで対戦相手が里歩さんなんで凄いチャンスかなって、最後にツメ跡を残すチャンスをいただけたなと思っています」

――マッスルJKでタッグを組める、ツメ跡を残せる相手も恵まれたということですね

小橋「そうですね。ラクもプライベートで凄く仲のいい選手なので」

――ファンの皆さんに向けてはこういったところを見て欲しいというのはありますか

小橋「1年前にマッスルJKで何回か試合していて連携なんかも増えていっているので最後に、これで本当に最後のマッスルJKになるかは分からないですけど、1年前に比べてマッスルJKとしての成長も見て欲しいし、あとは(休業まで)残り1ヶ月しかないんで全力の小橋マリカを見て欲しいですね」

――パートナーの才木選手についてどんな思いがありますか

小橋「私を(タッグ)ベルト奪取まで導いてくれた選手なので凄い感謝もあるし、けっこう一緒にいる時間も長かったので、まだこれでお別れじゃないんで何とも言えないんですけど」

――二人はなんて呼び合っているんですか

小橋「才木さんて呼んでいて、(才木さんは)マリカって」

――才木さんは色々とアドバイスとかしてくれるんですか

小橋「トレーニングを一緒にしていたりしてて、マッスルJKとして(私が)欠場前は、ベルト奪取に向けて私の行っているジムに才木さんも来てトレーニングとかよくしてました」

――才木さんはどんなトレーニング指導をしてくれるんですか

小橋「どんな…才木さんは自分を追い込んでいくのが好きなタイプなので、私にちょっとアドバイスをした後に自分でガーって追い込んでましたね」

――なるほどありがとうございます。その他の試合で気になるものはありますか

小橋「ミライ(仮)デビュー戦(天満のどか&愛野ユキvsミライ(仮)&YUMI)は気になるなって。このミライ(仮)のタッグパートナーがJCレスラーのYUMIなんです。YUMIもJCレスラーで、私も前はJCレスラーだったんで凄い気になって気になっていつも(笑)」

――先輩として何かアドバイスとかしてあげたりしますか

小橋「私は試合とか練習とかでアドバイスとかあんまりしないタイプなんですけど、プライベートとかでご飯行ったり、移動のバスで横に座って一緒に話をしたりとかしますね」

――色々とコミュニケーションを取られているのですね。話は変わりまして、なんと写真集を発売されるという事ですがそちらに関してはどうですか

ⓒ東京女子プロレス

小橋「けっこう前からそういう話がうっすらはあったのですが、結局あれ~違う(発売しない)のかっていうのが続いて」

――写真集は出したいっていう気持ちがあったんですか

小橋「最初はどっちでもいいかな~ってぐらいの感じだったんですけど、やっぱり休業するってなった時にこれは出したいなって思って自分から出したいって言いました。そしたら発売が決まりました」

――ということは1つの夢が叶ったということですよね

小橋「はい!」

――ファンの皆さんにはこれを見て復帰を待っていてねっていう感じですか(笑)

小橋「1年間、長いですけどね(笑)」

 

⇒次ページ(写真集撮影秘話、プライベートを告白)

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、“楽しめるプロレスNEWSサイト”『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2