【DDT】梅田公太が7月21日付けで退団、後楽園ホール大会にて壮行試合

28日、DDTは都内にある道場にて会見を行い、7月21日付けでの梅田公太の退団を発表した。

以下リリースより

梅田公太選手が家業を継ぐため、実家の熊本に帰らなければならなくなり、7月21日付けでDDTプロレスリングとの契約を終了、退団することになりました。梅田選手の所属ラストマッチは7月21日後楽園大会となります。梅田選手のコメントは以下の通りです。

「このたび一身上の都合で退団することになりました。19歳でデビューして5年間続けてきましたが、実家の家業を継ぐことになり、熊本に帰ることになりました。残り2ヵ月切っておりますが、一生懸命頑張りたいと思います。最後まで応援よろしくお願いします」

【大会名】Summer Vacation 2019
【日時】2019年7月21日(日) 開場10:50 開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

〔追加カード〕
○梅田公太壮行試合
※対戦カード未定。

〔既報カード〕
○KO-D無差別級選手権試合
<王者>その時点での王者 vs クリス・ブルックス<挑戦者>
※ほか数試合予定。

<特別参戦選手>
鈴木秀樹、黒潮“イケメン”二郎、マイク・ベイリー

プロレスTODAY公式LINE@
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事