【大日本】岡林がストロングヘビー級前哨戦で野村を一蹴

30日、東京後楽園ホールにて大日本プロレスの世界ストロングヘビー級王座前哨戦が行われた。

○岡林裕二 関本大介 兵頭彰

vs

河上隆一 菊田一美 ●野村卓矢

12分57秒 アルゼンチン・バックブリーカー

野村が執拗な関節技で王者・岡林を追い詰めるも、身体を紅潮させながらそれに耐えた岡林がアルゼンチンバックブリーカーで逆転。ストロングヘビー級王座の前哨戦で直接挑戦者を撃破。岡林は試合後「これから何度も前哨戦があるが腕は取らせん。取っても、折ることはできんぞ」と語った。

岡林の強烈な逆水平チョップに対して

野村は脇固めや腕ひしぎ逆十字固めなど執拗に関節技で腕を攻める

野村は徹底した腕攻めで岡林を追い詰めたが最後は岡林のアルゼンチンバックブリーカーに沈んだ。

 

<試合後>

岡林「この間の浜松より野村は気合いが入ってたな。ドンドン気合い入れていけよ。今日はちょっと油断しすぎたなと思う。やっぱり腕攻めで来ましたね。腕攻めで来た。これから何回か前哨戦ありますけど、次はそうはいかんぞ。次は絶対、この腕を取らせんからな。取っても、折ることはできんぞ」

 

野村「浜松に続いて、2つ続けて負けなんで…。自分が弱いだけなんですけど、あと2ヵ月弱あるので差を縮めて、それで当日追い越して、当日を迎えたいと思います」

――追い越す手段はある?

野村「少しずつですけど、感覚的にそういうものが掴めてきてる。あと2ヵ月弱、普通にやったら勝てないと思うんで、考えて戦います」

 

岡林と野村のBJW認定世界ストロングヘビー級王座戦は7.21大阪大会にて行われる。圧倒的な力強さを見せるチャンピオンの岡林に対して野村はいかに対抗策を考えていくかが見物だ。

 

プロレスTODAY公式LINE@
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事