【OZアカデミー】6.2(日)新宿大会の正危軍vs獣友の全面戦争は尾崎魔弓が特別ルールを採用!

新宿大会の正危軍vs獣友の8人タッグマッチに、無差別級王者・尾崎魔弓が特別ルールでの対戦を指示した。

<尾崎コメント>

「あのケモノどもが調子に乗って勝てる気になってるみたいだけどさ、今ベルトを独占してるのが私ら正危軍だってことがわかってないんじゃないの?お前らが弱いからこうなってるんだってことに気付けないくらいバカなんだったら、あとは体に教えてやるしかないだろって。もうこれ以上なくハッキリ実力の違いが見えるルールにしてやるよ。

シングル4本と8人タッグの合計30分を最後まで連続で戦って、相手をぶっ倒した回数の多い方が勝ち。それもシングルではセコンドの介入は完全禁止。私らはいつも正々堂々がモットーだからね。ケモノどもが一切文句も言えないまま、立ち上がるのがイヤになるまで徹底的にメチャクチャにしてやるよ。覚悟しとけ! 」

■正危軍vs獣友全面戦争:
【獣友・世志琥連合】アジャコング&松本浩代&米山香織&世志琥 vs 【正危軍】尾崎魔弓&桜花由美&雪妃魔矢&安納サオリ
8人タッグマッチ 30分特別ルール

試合前に両チームによるくじ引きを行い、シングルの組み合わせを4組決定。これを受けて試合開始時、まず3分間のシングル対決を4試合連続で行う。ここでどちらかの選手が3カウントフォールやギブアップ、KOを奪った場合、そのチームに1ポイントが加算され、試合はそのまま続行となる。またこのシングル対決ではセコンドの介入は一切を禁止とする。

3分×4試合の計12分が経過した時点で、試合は18分間の8人タッグマッチに突入。この8人タッグもシングルの時と同様、3カウントフォール、ギブアップ、KOはポイントして加算され、試合は時間終了まで続行となる。そしてシングル4戦の12分と8人タッグの18分、合計30分が経過したところで試合は終了、この時点でより多くのポイントを奪取しているチームがこの試合の勝者となる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事