【全日本】佐藤光留「青木さん本当に寂しいよ」と号泣するも「全日本ジュニアは一生進化し続けます!」青木さんを追悼

18日、全日本プロレスは「2019 DYNAMITE SERIES」東京・後楽園ホール大会を行った。

この日は今月の3日、東京都千代田区北の丸公園の首都高速都心環状線外回りにて、バイク事故により亡くなった世界ジュニアヘビー級王者の青木篤志さん(41)の追悼セレモニーが行われた。


※会場には献花台が設置された。

セレモニーの前に行われたメインイベントでは、この日に青木さんと世界ジュニアのタイトルマッチを行うことになっていた佐藤光留と岡田佑介が特別試合として対戦し、捕獲式腕ひしぎ逆十字固めで佐藤が勝利した。

試合後の佐藤「青木さんとの世界ジュニアのタイトルマッチが行われる予定だった後楽園ホールへたくさんのご来場ありがとうございます」と挨拶。

続けて「僕のプロレスの半分だった青木さんが亡くなってから自分の大会や全日本のシリーズが始まったりと本当に忙しい日々だったけど楽しみにしてくれている人達の為に凹んでいるわけにはいかなかった。でも青木さんが居るはずだったリングに立ったら、青木さん本当に寂しいよ、青木さん、青木さん、青木さん…」と号泣。

そして「ベルトの防衛期限の11月末までそのベルトを守り続けてください。全日本ジュニアは一生、一生、明るく激しく楽しく進化し続けます!」と青木さんに誓った。

その後に追悼の10カウントゴングが打ち鳴らされ、たくさんの青の紙テープが投げ込まれた。

青木さんの追悼大会が8月11日後楽園ホールにて開催される。

プロレスTODAY公式LINE@
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事