【WWE】ベッキーの救援でロリンズが王座防衛に成功!

現地時間623日にワシントン州タコマのタコマドームにてPPV「ストンピング・グラウンズ」が開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved. 

 

◆ベッキーの救援でロリンズが王座防衛に成功!

王者セス・ロリンズが因縁のバロン・コービンとユニバーサル王座戦で激突した。

コービンが発表した特別ゲストレフェリーのレイシー・エバンスが登場すると、試合前からコービンがロリンズを襲撃。

パイプ椅子攻撃でダメージを与えると、コービン優勢で試合が進んだ。

しかし、延髄斬りで劣勢を打開したロリンズはブロックバスターからアバタケダブラでコービンを沈めるも、レフェリーのレイシーはスローカウント。

続けてロリンズがパワーボムでコービンを解説テーブル葬にすると起き上がれないコービンを見かねてレイシーはレフェリーの権限でノー・カウントアウトのルールに変更。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにコービンがパイプ椅子を持ち出すと、レイシーはノーDQールに変更した

さらにロリンズがパイプ椅子上にファルコンアローを決めてコーンを沈めるも、レイシーが無視してカウント放棄すると、これにロリンズが激怒。

ロリンズがレイシーを睨みつけると、逆切れしたレイシーが平手打ち2発からローブロー、さらにコービンがエンド・オブ・デイを炸裂して試合は終わったかに思われた。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、こでロリンズのガールフレンドのベッキー・リンチが救援に現れてライバルでもあるレイシーをエクスプロイダーでバリケードに叩付けると、最後はロリンズがカーブ・ストンプをコービンに放って代理レフェリーが3カウント。

ロリンズがユニバーサル王座防衛に成功すると、“Mr. MITB”レスナーも現れることはなく、王者カップルはベルトを掲げて勝利をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事