【WWE】中邑がIC王者ベイラー破り、王座戦へ価値ある勝利

現地時間79日、ニューハンプシャー州マンチェスターのSNHUアリーナでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑がIC王者ベイラー破り、王座戦へ価値ある勝利

IC王座を狙う中邑真輔が王者フィン・ベイラーとシングル戦で激突した。

今後を占う重要な一戦で両者は序盤からトップギアでの攻防を展開し、中邑がスライディング・ジャーマンスープレックスからキンシャサを狙えば、ベイラーもスリングブレイドからクー・デ・グラと大技を狙って徹底抗戦。

試合中盤になると牙を剥いた中邑が場外でキンシャサを決めてリングアウトを狙うもカウント9

さらにバリケードや鉄製ステップにベイラーを叩き付けて再びリングアウトを狙った中邑はベイラーが辛うじてカウント9でリングに戻ってくると、渾身のキンシャサを叩き込んで3カウント。

シングル戦ながらも、王者ベイラーから完璧なピンフォールを奪った中邑は「フィンは俺が誰か思い出しただろう」と試合後にコメントし、王者に強烈な印象を刻み込んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事