【ZERO1】7.28 後楽園ホール大会に向けてライガーとタッグを組むザ・グレート・サスケがコメント!大谷晋二郎&高岩竜一とタッグ戦!「マスターではなく『忍者』スタイルで、望みたい」

7/28 ZERO1後楽園ホール大会にて、獣神サンダー・ライガーとのタッグで大谷晋二郎&高岩竜一とのタッグが決定した、みちのくプロレスのザ・グレート・サスケがコメントを出した。

ザ・グレート・サスケ コメント
「ザ・グレート・サスケです。
この度、ZERO1さんの『第19回 真夏の祭典 火祭り2019 決勝戦』のスペシャルマッチに参戦することが決定し、私なりの考えを発表します。

何と言っても、ライガーさんが、来年のドームで引退すると。
そして、平成名物ブランドの『新日ジュニア』のまさに名勝負が蘇ると。

対戦相手の大谷選手、高岩選手といえば、過去に新日本プロレス様のリングで、何度となく闘わせて戴きました。大谷選手には当時、みちプロにも出て頂いた。
この『ジュニア』の闘いこそが、『サスケ』、『みちプロ』の名前を世に出してくれた!と、言っても過言ではありません。

そこへ田中アナに、保永レフェリーとくるなら、私もマスターではなく『忍者』スタイルで、望みたいと思います」

当日は、往年の『忍者スタイル』で望むというサスケの想いの奥には・・

「あの闘いから約二十年。 『あの頃は・・』なんて思っているファンや後輩プロレスラーのみなさんが居たら大間違い!
ライガーさんや、大谷選手、高岩選手の漲りを観て下さい!もちろん私も!!

皆様、応援、よろしくお願い致します!」(サスケ)

ザ・グレート・サスケに注目が集まる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事