ファイプロとスターダムがコラボ!ダウンロードコンテンツを8月22日(木)に発売!2段式ドラゴンスープレックスの完璧再現に岩谷麻優も興奮!

7日、都内にあるスターダム道場にてファイヤープロレスリングワールドとスターダムのコラボに関する会見が行われた。

会見にはスターダムのロッシー小川社長、岩谷麻優選手、スパイク・チュンソフトの松本朋幸総監督が出席。

『FIRE PRO WRESTLING WORLD』は伝説のプロレスゲーム『ファイヤープロレスリング』シリーズが12年のときを経て復活したもので、2017年12月にPC版、2018年8月にプレイステーション4にて新日本プロレスとコラボしたプレミアムエディションを発売。

そして今回、8月22日にPS4/PC(Steam)同時にスターダムとのコラボダウンロードコンテンツ(DLC)は発売されることが発表された。

まず初めにスターダムのロッシー小川代表が挨拶。

小川「この度、縁あってファイヤープロレスリングに実名で選手を登場させるということでスターダムが抜擢されることになりましたので非常に嬉しく思います。現在は実名では新日本プロレスさんのみということでスターダムもそれだけ期待されているのかなと思います。スターダムは9年目の団体で女子の中では試合数も多い団体でして、このゲームをきっかけにスターダム知らない人に名前を覚えてもらえたらありがたいと思います」

松本総監督「こういう場に出るのは去年の11月の謝罪会見以来なので、ちょっと緊張しております。今回なんでスターダムさんにお願いしたかというと、元々僕がファイプロを立ち会上げた目的というのがファイプロをもちろん皆さんに遊んで欲しいというのはありますが、プロレス界がさらに盛り上がっていく為の起爆剤といったら言い過ぎかもしれないですけれども、いい方向にいくネタになったらいと思い3年前に立ち上げました。良くも悪く、も色々とありまして発売から2年、少しは貢献できたのではないかなと思いながら、今年で(ファイプロ)30周年でさらにファンの皆さんに喜んでいただける仕掛けが何かないかなと考えていたところ、先ほど話がありましたけども新日本プロレスさんとコラボさせてもらいましたので、次は女子でしょということで、これぐらいの時期、タイミングなら(発売)いけるなということでロッシー小川社長に相談したところ快く快諾してくれました」

また、コラボするにあたっての期待については「期待しかない、ファイプロは昔から女子レスラーがいない、可愛くないとファンの皆さんに言われていたので、今回はそれを払拭できるのではないかと思います。スターダムのファンにもファイプロのファンにも喜んでもらえる内容になったのではないかなと思います」

岩谷「このようなゲームに関われたことが本当に嬉しく思います。女子プロレスといえばスターダムて思って頂けてるっていうのが凄く嬉しいですし、スターダムとしてゲームのキャラクターになれるということが本当に嬉しくて。以前にファンが作ってくれたキャラクターや戦っているやつを見たことがあって、それもすごく面白いと思ったんですけど今回、完全版というか本物の岩谷麻優があやつれるといのがやってて本当に嬉しい。1回やらせていただいて凄くリアルで、一番嬉しかったのは2段式ドラゴンスープレックスが完璧に動かせるっていうか、再現されていたので本当に嬉しい。各選手のオリジナル技が出せるし、動きが本当に女子プロレスラー、女子プロファン、スターダムファンでなくても楽しめるもの」とテンション高く語った。

松本氏は「外見、技、ボイスもファンから足りないといわれていた部分も補充できる内容で、2Ⅾで再現できるのはここまでじゃないかといえるぐらいにできた」と自信をみせた。

そして、声の週録の際のエピソードはという質問に岩谷選手は「収録現場で2ページぐらいの紙をいきなり渡されて、ヤー!とかいくぞー!とかのセリフが20個くらいあったんですけど、細かい説明もなしでそのままの流れで実践した」や「リングじゃないし、普通の恰好をして、普通のテンションだだから試合と同じような声を出すというのはすごい大変だった」ことを明かした。

それに対して松本氏は「でもみなさんうまかったですよ。今回いちばん印象的なのはヤー!ですね。めちゃくちゃうまいんですよ。ぜひ買っていただいてご確認していただけるといいと思います。本当にファンの方は嬉しいと思います。試合中には多分出さないだろうという声も収録しているので」と述べた。

さらに岩谷選手は「自分がフィニッシュを決める前は終わりー!って叫ぶんですけど、それも本当に完全再現されていて、本当に自分の声で終わりー!と言ってからのムーンサルトや2段式ドラゴンを出せるので、本当に楽しいです」と魅力を語った。

また、本日は発表できる選手名は岩谷選手のみであったが、星輝ありさ選手と一緒にプレイしたことを岩谷選手が明かしてしまう天然ぶりを発揮する場面もあったが、星輝選手のブラジリアンキックも再現度が凄いし、大変だったんじゃないかと語ると松本氏は「基本的にファイプロって関節の自由があまりきかないので、非常に難しいと思いますけど、かなりの再現度になっていますね。普通の技は1人の技職人が平均2.5日くらいで作成できるのですが、星輝選手のブラジリアンキックや岩谷選手の2段式ドラゴンスープレックスは、3.5日ほどかかった。時間がかかった分、完成度も高くなったと思います」と説明した。※残り8選手は8月10日スターダム後楽園ホール大会で発表。

さらには岩谷選手は普段YouTubeをよく見ているそうですが、どんな人にファイプロワールドの実況動画を上げてほしいですかという質問に「小さい子供でも大人でも、全世代が遊べるゲームだと思うんですけど、ゲームの実況をしているのは海外の人が多いイメージがあるので、日本の人にも実況をいっぱいアップしてほしい」と期待を込めてコメントした。

ワールドワンダーリングスターダムコラボレーション
2019 年 8 月 22 日発売予定/ 2,160 円(税込)

タイトル
FIRE PRO WRESTLING WORLD (ファイヤープロレスリング ワールド)
プラットフォーム
PlayStation®4/PC(Steam)
発売日
PlayStation®4 2018年8月9日
PC(Steam) 2017年12月19日
価格
PlayStation®4 5,800円+税 ※税込6,264円
PC(Steam) 3,240円(税込)
備考
PS4版には新日本プロレスとのコラボレーションが含まれている。
ジャンル
アクション
プレイ人数
PlayStation®4 オフライン1~4人、オンライン1~4人
PC(Steam) オフライン1~8人、オンライン1~4人
CERO
B(12歳以上対象)
<公式サイト>
http://www.spike-chunsoft.co.jp/fireproworld/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事