【DDT】9.29後楽園でゴージャス松野が高木三四郎とO-40のベルトをかけてタイトルマッチ決定!竹下は朱崇花とシングルを約束!9.5浅草大会 全試合結果

5日、DDTは東京・浅草花劇場にて「WEEKDAY ASAKUSA PARADISE 2019」を行った。出場予定であった高木三四郎、樋口和貞、MAOらが負傷や体調不良で不出場の中、代理で出場した選手たちが躍動した。

特に2試合目に登場したゴージャス松野はベストボディ・ジャパン東北大会で準優勝した自信を元に見事に勝利。その勢いのままマイクを手にし大社長・高木の持つOver40ベルトへの挑戦を表明し高木もこれを受け入れて9.29後楽園でのタイトルマッチが決定した。

第4試合ではKO-D無差別級王者の竹下幸之介が勝利した朱崇花にシングルを提言。こちらも9.29でのシングル戦が決定。その竹下への11月の両国での挑戦者を決めるHARASHIMAとの前哨戦6人タッグでは遠藤哲也が勝利し大会を締めた。

前説をつとめたマリリンジョイさん。バッファローマンのネタで笑わせた

更にマリリンジョイさんは浅草での悲願のプロレス開催の経緯を語りリングアナも務めた

【大会名】WEEKDAY ASAKUSA PARADISE 2019
【日時】2019年9月5日
【会場】東京・花やしき内・浅草花劇場
【観衆】316人(超満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負

○マッド・ポーリー vs 渡瀬瑞基●
7分33秒 体固め

※リバース・スプラッシュ

 

▼第二試合 30分一本勝負


男色ディーノ&●平田一喜&赤井沙希 vs ゴージャス松野○&高梨将弘&真琴
10分27秒 首固め

試合後、勝ったゴージャス松野が高木を呼び込みO-40のベルトに挑戦表明。高木もこれに呼応し9.29後楽園での防衛戦が決定した。

 

▼第三試合 30分一本勝負

コーディ―・ホールの圧倒的大きさに彰人&大鷲は苦戦するも最後はアントンの攻撃が誤爆

コーディ・ホール&●アントーニオ本多 vs 大鷲透&彰人○
9分11秒 横入り式エビ固め

 

▼第四試合 30分一本勝負

本調子でない勝俣の誤爆が竹下に何度も決まってしまう

最後は朱崇花のムーンサルトが決まりスリーカウント

竹下幸之介&●勝俣瞬馬 vs 朱崇花○&松永智充
11分8秒 片エビ固め
※ムーンサルト・プレス

試合後、竹下が朱崇花に9.29でシングル戦を提案。朱崇花がベルトを懸けて欲しいと懇願すると竹下は11.3両国後の防衛戦に指名すると約束すると朱崇花は「御意」と同意した。

 

▼第五試合 30分一本勝負


○坂口征夫&中津良太 vs 大石真翔●&納谷幸男
10分57秒 片エビ固め
※神の右膝

 

▼セミファイナル DAMNATIONvsプロレスリングBASARA! 30分一本勝負

レフェリーのブラインドをついて看板で攻撃するも破壊してしまい慌てるノブ


佐々木大輔&●島谷常寛 vs 木髙イサミ○&中野貴人
12分1秒 片エビ固め
※勇脚・斬

勝ったイサミは敗れたノブに中指を立てて向かってこいと挑発

 

▼メインイベント DAMNATIONvsDISASTER BOX! 30分一本勝負


高尾蒼馬&○遠藤哲哉&プーマキング vs HARASHIMA&上野勇希●&吉村直巳
17分12秒 変形ゆりかもめ

強烈な遠藤哲也の関節技に四肢を固められ悶絶した上野は自らの口で「ギブアップ」

試合後は勝利した遠藤が「11.3両国で竹下と戦うのは俺だ!」とマイクで締めた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事