高木三四郎と大仁田厚が「爆破甲子園」の開催を発表!11.17 鶴見青果市場に世界に羽ばたく爆児よ集え!

9日、東京・神田明神でDDTの高木三四郎と大仁田厚が「爆破甲子園2019」の記者会見を行った。

8月26日に後楽園ホールで行われたTAKAYAMANIA EMPIRE2で参戦した大仁田厚と高木三四郎が後楽園大会翌日に遭遇し「次世代の電流爆破を担う若い人材がいてもいいんじゃないか?」「爆破男児(爆児)が集い電流爆破をしあう」という話に、高木三四郎がかつて電流爆破戦を大仁田厚と行ったことにより(レスラーとしての格を)引き上げてもらった恩を返したいとの思いで実現に動いたとのこと。

TAKAYAMANIAでDDTの大家健や樋口和貞と共闘した大仁田

大仁田厚は「世界に羽ばたく爆破の悪児を育てたい」「純粋な気持ちで開催したい」との思いで甲子園という名を冠したことを発表した。

当日は大仁田と高木が爆破のリングに上がるのは決定済みだが、そのほかの出場選手は一般公募となる。性別は不問。候補者4選手によりトーナメントを行って、メインイベントの電流爆破への出場権を決める可能性もあるという。対象はプロレスラーにかかわらず、格闘家、特殊技能をもったアスリートにまで範囲を拡大。

大仁田が自身のファンであり、ハードコアプロレス好きで知られる、16年リオデジャネイロ五輪・卓球男子シングルス銅メダリストの水谷隼選手の名を挙げれば、高木はプロ野球阪神タイガースから引退勧告を受けた鳥谷敬選手に触れ、「野球選手だからバットを振るのはうまいはずだから、爆破バットを振るのもうまいはず。おもしろい」と興味津々の様子だった。

今後の展開について、高木は「まずはこの大会を成功させなければなりませんが、基本的にはシリーズ化して、東京だけではなく、地方、世界でやっていきたい。若い選手がいいですが、来た方に関してはウエルカム。でも簡単に応募できるものでもない。何かに挫折して、うだつが上がらないようなレスラーでも情熱があればいいと思う」と意欲。

また、現在大仁田は自ら考案した「電流爆破デスマッチ」を国内で商標登録申請中だが、高木は「06年にボクが大仁田さんに無許可で電流爆破をやってしまって、申し訳ありませんでした。やはり電流爆破は大仁田さんの世界遺産だと思いますし、世界知的所有権機関WIPOに申請したいし、世界120カ国でやりたい。DDTでは今年4月に米ニューヨークで公演した実績もあるし、来年米国でやれたらいい」と夢を馳せた。

なお、出場希望者は以下まで、氏名(リングネーム)、連絡先、キャリア、得意技などを明記して応募のこと。bakuha.koushien@gmail.com

 

爆破甲子園2019実行委員会からのリリース内容は下記の通り

◆爆破甲子園 2019 開催のお知らせ

[大会概要]

大会名:爆破甲子園 2019
日時:2019 年 11 月 17 日(日) 開場 16:00 開始 17:00
会場:神奈川・鶴見青果市場

アクセス:神奈川県横浜市鶴見区駒岡 2-14-2
東急東横線「綱島」駅から徒歩約 20 分。
東急東横線「綱島」駅からバスで川崎駅西口行き or 鶴見駅行きで「一の瀬」下車すぐ。

主催:爆破甲子園 2019 実行委員会

チケット発売日:9 月 17 日(火)より各プレイガイドにて発売開始
お問い合わせ:爆破甲子園 2019 実行委員会
TEL:03-5341-4687

◆爆破甲子園が次世代の爆破レスラーを募集

爆破甲子園 2019 の開催に伴い、次世代の爆破レスラーを広く募集致します。我こそはというプロレスラー、格闘家、特殊技能を持ったアスリートの方がいらっしゃいましたら、下記のメールアドレスまでご応募ください。

bakuha.koshien@gmail.com

件名に「次世代の爆破レスラー募集係」、本文にご氏名(リングネーム)、連絡先、キャリア、得意技などを明記してください。

◆大仁田厚が「電流爆破」を世界知的所有権機関WIPO申請へ

~世界120ヵ国で電流爆破マッチを開催予定~

大仁田厚は、現在自身の考案した「電流爆破」につきまして日本での商標登録を申請中ですが、さらに世界知的所有権機関WIPOへの申請を予定しております。また、世界 120 ヵ国での電流爆破マッチも開催予定です。ご期待ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事