【リアルジャパン】9.19 後楽園大会「ストロングスタイルプロレスvol.3」全対戦カードを発表!事前記者会見 新間会長のWWE殿堂入りを祝して来場者に特別プレゼントあり

12日、東京・帝国ホテルにてリアルジャパンプロレスの9.19後楽園大会に向けた事前記者会見が行われた。

・新間寿会長WWE殿堂入りに際して

初めに新間寿会長のWWEの殿堂入りに関する一連の式典の謝辞があった。

8/6に帝国ホテルで行われたパーティには320人以上の関係者が集った。
初代タイガーマスク総監をはじめ感謝の気持ちを現した。

・9.19 後楽園ホールで大会の対戦カードの発表

続いて9.19に行われる『ストロングスタイルプロレスvol.3』の対戦カードを発表

第1試合:タッグマッチ30分1本勝負

日高郁人&間下隼人 vs ドリュー・パーカー&ブラックタイガー
※日高は12年前にスーパータイガーのデビュー戦で戦った。

・間下隼人の意気込み

間下「なぜリアルジャパンに生まれて育ったのかをもう一度かみしめて対戦相手と日高選手の想いも背負って今大会頑張っていきたい。」

第2試合:タッグマッチ30分1本勝負

“ゴールデン・ロッカーズ”雷神矢口 & 山本SAN
vs
崔領二 & 倉島信之

第3試合:UWAアジアパシフィック選手権試合 30分1本勝負

【王者】岩崎孝樹 vs 将軍岡本【挑戦者】
※ガンプロの岩崎がチャンピオン

第4試合:特別試合30分1本勝負

アレクサンダー大塚 vs 竹田誠志

セミファイナル:タッグマッチ30分1本勝負

船木誠勝&関根“シュレック”秀樹 vs タカ・クノウ&ロッキー川村

メインイベント:レジェンド選手権試合60分1本勝負

【王者】スーパー・タイガー vs 藤田和之【挑戦者】

・スーパータイガーと藤田和之の意気込み

藤田「まず尊敬する佐山先生、新間先生のリングに再びあがれることに感謝してます。9月19日ベルトを巻いたスーパータイガーの挑戦を受ける。話は変わって台風19号の被害。私も房総半島に住んでいる。今も被害に苦しんでいる方たちがいます。1日でも早く復旧と皆様の笑顔が戻ることを望んでいます」

スーパータイガー「前回は屈辱の試合。今すぐにでもやってやりたいという想い。19日、初代タイガーの思いをしっかり体現して、来てくれたお客様に示していきたい」

佐山「個人的にはスーパータイガーの蹴り、藤田選手の鋭いタックルを早く見たい。台風19号は人災の側面がある。平井さんも人災にあった経験は大変なもの。それを思うと一日も早く復興できることを望みます。そのためにもいい試合を望む」

質疑応答
ーー藤田選手、レジェンドチャンピオンシップのタイトルマッチへの想いは?

藤田「ベルトうんぬんよりもベルトは巻かれるものでなくついてくるものなので、試合内容でも圧倒してそれについてくればいい」

ーースーパータイガー選手はリアルジャパンの至宝流出の危機については

スーパータイガー「私の戦いの想いがベルトになっているだけで、それ以外の想いはなく…」

ーー藤田選手、前回大会に参戦してリアルジャパンの印象は?

藤田「まだわかりません。ベルトを巻いた挑戦者がいると。本当のチャンピオンは誰なのか証明したい」

ーー東京ドームや武道館への進出という夢に向かって必要と思うものは?誰とやるとか

藤田「私がう言うのはおこがましい話で。聞く相手を間違えていると思います」

ーー今後、定期参戦していくつもり?

藤田「なんのプランもないです。戦えるならどこでも戦います」

ーー木曜日に集中する

藤田「勿論です」

ーー前回のお互いの印象を教えてください

スーパータイガー「前回もタフ。カシン選手の思惑にハマってしまった部分もある。藤田選手のことはリスペクトしているので今回戦えるのは楽しみ。今まで以上にリアルジャパンの存在をアピールしていきたい」

藤田「何の印象もない。俺の身体にはなんの爪痕も残していないので。次の試合でどれだけ残せるのか楽しみにしている。それだけ」

 

・新間会長からの挨拶


新間「何はともあれ84歳。人生の終焉を迎えるにあたって新日本から3世代に渡って表彰が決定し、自分でもびっくり。努力したことが認められて大変うれしく思う。今月19日に記念のボールペンをサインボールに30本、あと5人に道の大紙に佐山とサインを入れてプレゼントしたい。モハメドアリと猪木の大紙も用意した。これらを当日は100球ボール投げをしてWWE殿堂入りの喜びを分かち合いたい」

新間「『努力したことは必ず認められる』こういう喜びを味わった。『してしまった後悔』はすぐ忘れる。これからは『しようとしてしなかった後悔をしないような人生』を歩んでいきたい」

またリアルジャパン代表の平井丈雅氏への支援も呼びかけた。

新間「平井は1日を36時間使って仕事をする男。くどいくらいにタイガーマスクを尊敬し、先生と呼ぶ心がある。リアルジャパンが武道館や東京ドームでできるようにしたいという夢を持っている。彼の夢を私とタイガーの夢を実現していきたい。8月6日はありがとうございました。」

・佐山サトル総監より挨拶

佐山「お集まりいただき誠にありがとうございます。次回大会は命運を決めるような凄い戦いとなります。スーパータイガーも藤田も頂点に達している。
スーパータイガーの打撃、藤田和之の鋭いタックルを楽しみにしています。」

また平井代表へのツッコミも忘れない初代タイガー

佐山「あれっどうしたの?絆創膏?ひっかき傷?四角関係だっけ?」

平井丈雅 代表「大丈夫でございます」

最後に代理人によるケンドーカシンのメッセージが読まれた。

カシン「平井代表、大変ごぶさたしております。新たな傷を右のほおに負ったとの情報が海を渡ってきました。相変わらずの暴れん坊将軍ぶりを伝え聞き、米国の茅ヶ崎で涙を抑えることができません。佐山先生によれば四角関係の末(中略)。遅くなりましたが前回お会いした際は、スパークリングワインをいただき本当にありがとうございました。

さて今回の会見を行うに当たり、またまた提案がございます。それは大会当日、厳粛なるタイトルマッチ開催前に国歌斉唱を行うことです。もちろん歌うのは平井代表をおいて適任者はおりません。これは私だけでなく藤田君の希望でもあります。

私が現在、コーチを務めますN〇Tでも、ライブイベントの前には、必ず国歌斉唱が行われております。国際派のリアルジャパンプロレスでも導入していただければ思い、ご提案する次第でございます。

W○Eパフォーマンスセンター アシスタント・コーチ ケンドー・カシン

追伸 もし可能ならばこの会見終了後に『壊れかけのレディオ』『輝きながら』『光星学院八戸高校校歌』のいずれかを歌っていただれば幸いです。その時を夢見て。Good―Bye」

このメッセージを聞いた平井代表はうろたえた表情で「何も聞いていない」とつぶやき、出口に向かったカシンの代理人を追いかけていった…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事