【WWE】中邑、5ウェイ・エリミネーション戦でのユニバーサル王座挑戦権獲得ならず

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間9月23日、カリフォルニア州サンフランシスコのチェイス・センターにてロウが開催された。

IC王者中邑真輔がユニバーサル王座挑戦権をかけた5ウェイ・エリミネーション戦に出場した。

パートナーのサミ・ゼインと共に登場した中邑はAJスタイルズ、リコシェ、レイ・ミステリオ、ロバート・ルードと対峙すると5人入り乱れた激しい攻防を展開。

中邑はスタイルズをバリケードに叩き付けると顔面に強烈なヒザを叩き込み、リコシェには不意打ちのキンシャサを放って脱落させた。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これで勢いに乗った中邑はルードにもキンシャサを叩き込むも決定打とはならず、スタイルズのフェノメナール・フォーアームを食らってしまって脱落。

そのスタイルズもルードのグローリアスDDTで脱落すると、最後はミステリオが619からスプリングボード・フロッグスプラッシュをルードに決めて3カウント。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

一度は引退も考えたミステリオが見事勝ち残ってユニバーサル王座挑戦権を獲得。

次週のロウでミステリオと王者セス・ロリンズのユニバーサル王座戦が決定した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事