【WWE】中邑、報復狙うアリをキンシャサで返り討ち

現地時間9月24日、カリフォルニア州サンフランシスコのチェイス・センターでスマックダウンが開催された。

◆中邑、報復狙うアリをキンシャサで返り討ち

IC王者中邑真輔は因縁のアリとシングル戦で激突した。

先週のスマックダウンで中邑とサミ・ゼインに2人掛かりで襲撃されたアリは報復とばかりにドロップキックからトペ・スイシーダやクロスボディで攻め込むと、中邑もアリをポストに叩き付けて反撃。

さらに中邑がスライディング・ジャーマンスープレックスからキンシャサを狙えば、アリはカウンターのスーパーキックで迎撃するとDDTから054(リバース450°スプラッシュ)を狙ったが、今度はゼインが中邑を引っ張ってこれを回避。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

お互いの大技が決まらない展開となったが、最後は中邑がゼインの挑発に乗ったアリに不意打ちのキンシャサを叩き込んで3カウント。

中邑がゼインの協力の元、報復を狙うアリに勝利して返り討ちにした。

試合後のインタビューで中邑は「アリごときがあり得ねぇ。俺と戦うなんてありがたく思え」とダジャレを交えてアリを罵倒した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事