【ドラゴンゲート】10.8後楽園 全試合結果!オープン・ザ・ドリームゲートはBen-Kが望月を破り防衛!神田がR・E・Dを裏切りドラゴン校長軍入り!ワタナベヒョウは望月道場を抜けてR・E・D入りを表明!

8日、東京・後楽園ホールでドラゴンゲートが大会を行った。メインのオープン・ザ・ドリームゲート選手権試合では王者Ben-Kが挑戦者の望月成晃のテクニックをパワーとスタミナで粉砕し防衛。次期挑戦者には吉野正人が現れた。

セミファイナルでは最高顧問として正式所属が発表されたウルティモ・ドラゴン率いる闘龍門チームがEita率いるR・E・Dとぶつかり合い、最後は校長に凶器は向けられないと裏切った神田裕之の攻撃によりウルティモ・ドラゴン軍が勝利。試合後、更にウルティモ・ドラゴン軍に新井健一郎や堀口元気、横須賀ススムらが加わるとR・E・Dには不審な赤鬼と緑鬼が出現し、次回の後楽園大会で軍団対抗戦が行われることが決定した。

また第4試合の3WAYマッチで望月道場対決を反則負けしたワタナベヒョウがR・E・D入りを表明。次回の後楽園大会では裏切られた道場の代表として望月師範が対決することを宣言した。

各試合の結果は下記の通り

※連続写真でご覧ください。

第0試合
△ジミー
(5分00秒 時間切れ引き分け)
△椎葉おうじ

第1試合
×BxBハルク&KAI& Kagetora&マーティン・カービー&大和ヒロシ
(5分30秒 バックスライド・フロム・ヘブン)
〇堀口元気&パンチ富永&新井健一郎&問題龍&ドラゴン・ダイヤ

第2試合
YAMATO&〇ヨースケ・サンタマリア
(6分19秒 足折り固め)
ドン・フジイ&×Gamma

第3試合
吉岡勇紀&×箕浦康太
(5分43秒 パワーボム→体固め)
〇吉田隆司&KAZMA SAKAMOTO

第4試合 3WAYマッチ
〇奥田啓介
(9分13秒 レフェリー暴行により反則勝ち)
×ワタナベヒョウ
・他は石田凱士

ワタナベヒョウが背後からパイプ椅子襲撃。レフェリーの制止を振り切りなお椅子で攻撃し反則負け

望月道場を飛び出す宣言をしたヒョウはR・E・Dのメンバーを呼び込み望月道場Tシャツを破り捨てる

R・E・Dメンバーと一緒にシャツを着て記念撮影していると望月師範がマイクで呼びかける

対立するワタナベヒョウと望月道場を代表して師範が来月の後楽園ホールで激突することに

バックステージのヒョウ
「俺の選択は間違ってねぇ!それを証明してやる」

第5試合 スペシャルシングルマッチ
〇吉野正人
( 5分11秒 ライトニングスパイラル→エビ固め)
×シュン・スカイウォーカー

シュンスカイウォーカーは華麗な空中殺法で吉野を追い詰めた

しかし最後は吉野が貫録勝ち

第6試合
〇土井成樹&ドラゴン・キッド&ジェイソン・リー
(9分18秒 バカタレ・スライディングキック→エビ固め)
Kzy&横須賀ススム&×brother“YASSHI”

勝利した土井が「MaxiMuMそろそろ動くぞ」と宣言

セミファイナル スペシャル8人タッグマッチ
〇ウルティモ・ドラゴン&斎藤了&スペル・シーサー&K-ness.
( 11分0秒 神田のEitaへのボックス攻撃⇒ラ・マヒストラル)
×Eita&ビッグR清水&神田裕之&ディアマンテ

正式所属を表明したウルティモ・ドラゴンは金色の衣装で登場

最後は神田がウルティモ・ドラゴン校長を抑えつけるEitaに凶器攻撃。そのまま校長が丸め込み勝利

神田「俺が校長をボックスで殴れるわけねぇだろ。校長の試合に乱入して校長を蹴れるわけねぇだろ。校長、こんな不良に育ってすいませんでした。これから心入れ替えてやってきますんで、俺も校長と一緒に闘わせてください」

更なる仲間としてアラケン・堀口元気・横須賀ススムらがウルティモ・ドラゴン軍入り

Eitaも負けじとR・E・Dの新メンバーとして不気味な2体の赤鬼・緑鬼をリングに呼び込む

次回の後楽園ホール大会で両軍団の全面対決が決定した。

Eitaはバックヤードでも舌鋒鋭く語った。

Eita「何?新井、堀口か。おい、あいつらとはなKAZMA、ディアマンテ、もう結果がみえてる。そして俺、清水のツインゲートチャンピオンに、何?教頭、校長?おい、誰だよ?ただのオッサンじゃねーか!それから八木、おまえは本部長だろうとな、勝手に話を進めるな。この2人もよ、ウルティモ・ドラゴンを憎んでるんだよ。この2人はな後々発表してやるよ」

清水「闘龍門、なんか知らんけどな。人数も増加した俺達がなドラゴンゲート最強ユニットのR・E・Dがな、ドラゴンゲート、闘龍門もな完全制圧してやるよ。おまえら楽しみにしてろよ」

メインイベント オープンザドリームゲート選手権試合
〇Ben‐K
(20分0秒 Ben-Kクラッシュ→体固め)
×望月成晃
※王者が防衛に成功

試合は老獪なテクニックと蹴りの望月師範に若さとパワーで勝負するBen-Kの図式となった

Ben-Kは何度も望月を叩きつけた。腰に痛みが走る師範

限界を超えた技の応酬に最後にとどめを刺したのはBen-Kのヘッドバットであった

死力を絞りつくした師範は膝から崩れ落ちてフォールを返すことはできず

試合後、次なる挑戦者として吉野が挑戦表明を行い11月のビッグマッチ11.4大阪での挑戦が決定した

Ben-K「望月成晃に去年の借りを返すことができました。望月成晃、本当に強かった。でもな俺もドリームゲートチャンピオンとして負けるわけにいかなかった。次の相手は吉野正人!吉野正人にも借りがあるんだ。次は吉野正人に借りを返すからな。大阪で吉野正人、ぶっ飛ばしてやるよ。俺がBen-Kじゃあー!!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事