武藤敬司と蝶野正洋が故・橋本真也さんのお墓参りで闘魂三銃士が揃う


※武藤敬司公式Twitterより

20日、武藤敬司と蝶野正洋が闘魂三銃士の故・橋本真也さんのお墓参りをした事をTwitterにて報告した。

闘魂三銃士は1984年に新日本プロレスに同期入門した武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也による大人気ユニット。

この日、今年レスラー生活35周年を迎える武藤・蝶野の両名は橋本さんの地元、岐阜県土岐市で行われる「開局20周年記念おりべサンクスフェスタ」でのトークショー出演の前にお墓参りをした。

Twitterで武藤は「橋本の地元・岐阜県土岐市に来れたのでイベント前に蝶野と一緒に橋本のお墓参りへ。今日は野外のイベントだけど快晴になったのは橋本のお陰かな。」そして蝶野は「今日今から橋本選手の地元土岐でイベント。その前に武藤さんと2人でお墓参り…」とそれぞれツイートするとファンより「闘魂三銃士!勢揃い」「闘魂三銃士は私の永遠のヒーローです」など多くのコメントが寄せられた。

また、イベント終了後に武藤は「橋本の地元・岐阜県土岐市テラスゲート土岐での蝶野とトークショー終了。多数のお集まり有難う!話の内容が橋本の思い出話をするつもりが悪口ばかりになってしまった(笑)橋本、許してくれよ。」とツイートした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事