【WWE】中邑真輔&サミ・ゼインがダニエル・ブライアンを仲間に勧誘

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔&サミ・ゼインが岐路に立つダニエル・ブライアンを仲間にしようと勧誘した。

リングに登場したブライアンはマイケル・コールのインタビューで「先週タッグ戦で中邑からフォールを奪った時、会場からYESチャントが巻き起こった。

ブライアンは躊躇ったみたいだけどYESムーブメントは戻るのか?」と質問されると、そこへ中邑&ゼインが登場した。

ゼインは「中邑は先週の試合のことを気にしていない」と前置きすると、“YESムーブメントは死んだ!”と発言するブライアンの過去映像を紹介。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにゼインは「ブライアンは岐路にいる。会場のファンたちとYESムーブメントの過去に戻るか。

それとも将来に向かって俺たちと動き出すか」と2択を提示して握手を求めた。

会場からはNOチャントが起こる中で迷いを見せるブライアンだったが、握手をすることなく無言のままリングを後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事