【大日本】11.4 両国譚~RYOGOKUTAN~2019<全試合結果>橋本大地がBJWストロングヘビー戴冠!イサミはデスマッチヘビーを防衛!関本と伊東が壮絶な20周年記念試合!青木がBJWジュニアを防衛!


4日、大日本プロレスは東京・両国国技館で「両国譚~RYOGOKUTAN~2019」を実施。

メインイベントのBJWデスマッチヘビー級イサミvs宮本裕向の二丁拳銃対決はイサミが勝利。セミのBJWストロングヘビー級は橋本大地がZERO1の佐藤耕平にご恩返しの勝利。

20周年の記念試合を行ったストロングヘビーの関本大介は岡林から勝利。デスマッチヘビーの伊東竜二は佐々木貴と組みサイコパス佐久田と葛西純組を撃破。BJWジュニアはサバイバル4WAYバトルの末に青木優也が防衛した。
【大会名】「両極譚~RYOGOKUTAN~2019」年間最大のビッグマッチ
【日時】2019年11月04日(月)振替休日
【観衆】3216人
全試合結果は下記の通り。連続写真と一緒にお楽しみください。
◆第0試合 タッグマッチ 10分1本勝負
谷口裕一 森廣祐基〇 vs 菊タロー 佐藤孝亮●
7分24秒 モリヒロック
◆オープニング6人タッグマッチ 15分1本勝負
浜 亮太 中之上靖文〇 橋本和樹 vs 加藤拓歩● 兵頭 彰 石川勇希
8分53秒 ラリアット→体固め

◆第2試合 ムーの極道vs小林軍団~スペシャル10人タッグマッチ 20分1本勝負
グレート小鹿 ザ・グレートサスケ バラモンシュウ バラモンケイ 星野勘九郎●
vs
アブドーラ・小林〇 鈴木秀樹 忍 オルカ宇藤 ドリュー・パーカー
6分26秒 ダイビング・バカチンガーエルボードロップ→片エビ固め




グレート小鹿やサスケ、バラモン兄弟が会見をしていると小林軍団が乱入!乱闘に突入



12月の文体での再戦を誓う展開に

◆第3試合 大日本プロレスvs全日本プロレス~タッグマッチ 20分1本勝負

河上隆一 菊田一美● vs ジェイク・リー〇 野村直矢 11分30秒

バックドロップ→片エビ固め

第4試合 STRONGHEARTS 6人タッグマッチ 30分1本勝負
神谷英慶 野村卓矢 阿部史典● vs 入江茂弘〇 T-Hawk エル・リンダマン
9分16秒 ビーストボンバー→片エビ固め





◆第5試合 タックストリップタッグデスマッチ 30分1本勝負
リッキー・シェイン・ペイジ 高橋匡哉● vs 竹田誠志 塚本拓海〇
11分37秒 タックストリップ上へのずどん→片エビ固め



◆第6試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合~サバイバル4wayマッチ 30分

【第4代王者】青木優也〇 vs 【挑戦者】TAJIRI vs 【挑戦者】吉野達彦● vs 【挑戦者】関札皓太
11分44秒 タイガースープレックスホールド
※初防衛に成功
※退場順
①3分54秒 メッセンジャー 吉野〇 TAJIRI●
②7分50秒 メッセンジャー 吉野〇 関札●








次回挑戦者にタッグパートナーの橋本和樹が挑戦表明



負けたのが悔しくて妨害してやったとTAJIRI

TAJIRIの妨害さえなければ勝っていたと悔しがる関札

◆第7試合 関本大介デビュー20周年記念試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
関本大介〇 ウォルター vs 岡林裕二● 火野裕士
17分25秒 二段階式ジャーマンスープレックスホールド





ウォルターを挟んでの眉山!



ZERO1の風林火山タッグに向けて気持ちを入れなおすWユウジ
◆第8試合 伊東竜二デビュー20周年記念試合
凶器持ち込みタッグデスマッチ~BLOOD&DEATH HISTORY~30分1本勝負

伊東竜二〇 佐々木 貴 vs 葛西 純 佐久田俊行●
22分16秒 ドラゴンスプラッシュ→体固め

持ち込んだ注射器で頬から水を出されてしまう伊東

同じく佐々木も頬から注射器で水を出される

お返しに葛西と佐久田はBBQ用鉄串で頬を貫かれてしまう

葛西は佐久田と組むよりやり合った方がいいとテーブルに血だまりを噴き出させる

佐々木は伊東の20周年を祝った
◆セミファイナル BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第15代王者】佐藤耕平● vs 【挑戦者】橋本大地〇
19分40秒 ライジングDDT→片エビ固め
※2度目の防衛に失敗
※橋本大地が第16代王者となる







大地のシャイニングウィザード



佐藤耕平は父親の様な気分で大地のストロングヘビー戴冠を喜んだ

大地も2度目のベルト戴冠よりも恩人・佐藤耕平に勝ったことに感慨深いと涙が止められなかったと語る◆メインイベント BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合
4ボード・ギガラダーデスマッチ 30分1本勝負
【第38代王者】木髙イサミ〇 vs 【挑戦者】宮本裕向●
21分3秒 ギガラダーブレイク→片エビ固め
※4度目の防衛に成功

宮本のラダータイフーンはイサミのイス攻撃で撃退される

勝ったイサミは宮本裕向を唯一無二の親友と絶賛

復活する鉄檻で戦いたい相手としてアブドーラ小林がリングイン。ドームといえば棚橋、文体といえば小林を連呼

最後はイサミと宮本裕向のヤンキー二丁拳銃が「オレ達は強い!」と大会を締めた

今日の主役はイサミと宮本裕向

試合後、宮本への讃辞と鉄檻への想いを語ったイサミ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事