【W-1】<CIMAインタビュー>近藤からの突然のラブコールに戸惑うCIMA…… 「満塁ホームランか、空振り三振か、二つに一つ」

11月11日の新木場1stRING大会で、突然、近藤修司よりタッグ結成を呼びかけられた#STRONGHEARTSのCIMA。近藤の副社長としての強権発動で、11.27後楽園大会で芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎組との対戦も決定してしまい、事態をTwitterで知ったというCIMAは戸惑うばかりだ。これまで常に対角線で向き合ってきた近藤とのタッグ結成に何を思うのか? 話を聞いてみた。

 

──近藤選手の副社長としての強権発動で、11月27日の後楽園大会でタッグを組むことになりました。CIMA選手にしてみれば突然の発表だったと思うんですが、この話を聞いた時にどのように思われましたか?

 

CIMA 僕はその時は自分の団体のOWEの関連でカンボジアに行っていたんですけど、現地でTwitterを見て初めて知ったんですね。だから、未だに事態がよくわかってないですね。もちろん僕はW-1は最初に#STRONGHEARTSを上げてもらった日本の団体ですし、W-1の会社にもそうですし、W-1のファンにも返せるもんなら恩返しをしたいと思っていますんで、それでファンが喜んでもらえるんだったらやらせてもらいますけど、ちょっと突然過ぎたかな、というのは当人としてはありますね。近藤選手の意図がわからなかったですね。

 

──#STRONGHEARTSとしてW-1に参戦して以来、ぶつかり合っていた中でのタッグ結成ですもんね。近藤選手とのタッグそのものについてはどのように思われているんですか?

 

CIMA ぶつかり合っていたって言っても、基本的にアンファン軍とやり合っていましたので、僕の中ではあんまりやり合っていたという記憶もないんですよ。だから、W-1の正規軍サイドの人とも試合もしましたけど、その中の一人というか一部という感じでしかなかったんで。

 

──近藤選手とは何度か闘っていますけど、それほど記憶に残っていないと。ということは、現在の近藤選手はW-1の中では存在感を発揮できてないということなんですかね?

 

CIMA W-1のリングを盛り上げようとか、自分が犠牲になっても盛り上げようという姿勢は僕のスタイルから見ると全然見えてこないんですよ。それだったら、社長であるカズ選手とかのほうがその姿勢は試合を見ていても感じられるんで。まあ、僕は外部の人間なんで、内部のことはわからないんですけど、あくまで外野から見た意見でもあるんですけどね。ただ、僕の感覚だと、#STRONGHEARTSがW-1に上がってから、中心になっていたのは#STRONGHEARTSとアンファン軍の闘いだったと思うんです。それが現状に表れているんじゃないですかね?

 

──W-1を盛り上げようという姿勢が見えてこないのが現在の近藤選手であり、W-1のリングそのものの現状になっていると。

 

CIMA まあ、選手としてはピカイチの素晴らしい選手ですよ。プライベートな面は昔も今もわからないんですけど、スタイル的にはそんなに変わってないというか、とにかくパワーと突進力と瞬発力は本当に凄いものがあると思いますんで。ただ、そこの姿勢の部分ですよね。

 

──もしかしたら、近藤選手なりにその現状を変えようと思いついたのがCIMA選手と組んで、W-1に刺激を与えるということなのかもしれないんですが、CIMA選手にとってこのタッグ結成は刺激的に感じますか?

 

CIMA まあ、普段組んでないんでどうなるかわからない刺激はあるかもしれないですけど、シナジー効果があるのかどうかは現場に立ってみないとわからないですね。選手同士がどう思っているというよりもファンがどう思っているのかが一番大切だと思います。僕らがリングで並び立った時にドカーンとなれば、それはそれで素晴らしいことですし、そうなると近藤選手が言っているように凄い刺激がリング上で生まれると思います。でも、もしファンの方の「なんでこのタイミングなんだ?」っていう空気が会場内に流れてしまうとどうなるかはわからないですね。

 

──長く見ているファンはこのタッグに対して、「お!」っていうのはあると思うんですよ。でも、最近のファンにどう響くかは立ってみないとわからないと。

 

CIMA だから、2カ月なり、3カ月を経て組むんだったらファンも乗りやすいと思うんですよねこれは僕らのやり方と全く違うところで、どうしてもリリース1枚とかツイート一つでW-1はカードを決めてしまう。本当だったらもっと遠くの人に興味を持ってもらえるようなタッグなのに、ちょっともったいないかなっていうイメージはありますね。

 

──唐突にカードが決まるのがW-1の常ですからね。

 

CIMA 今の時代だから僕もTwitterで知ることができましたけど、Twitterがなければ帰国して『週刊プロレス』とかを見るなりしないと、事態が把握できてなかったと思います。

 

──ところで、今回は対戦相手が芦野選手とイケメン選手になりましたけど、この2人についてはどのように思われていますか?

 

CIMA 唯一の救いじゃないですけど、対戦相手が良かったなというのはありますね。芦野選手にしてもさっき言ったようにアンファン軍を引っ張ってると。僕は#STRONGHEARTSがW-1のリングに上がらせてもらって、一番ベストだったのは今年の1月の後楽園ホールの芦野vsT-Hawkだと思いますんで。あそこが最近のW-1の頂点だったと思うんですよ。そっから転がり落ちていきましたんで。去年後半から今年の2月ぐらいまでですね。アンファン軍と#STRONGHEARTSがやり合っていた時が最近のW-1ではベストだったんじゃないですか?

 

──確かに両陣営がかなり熱くなって、お客さんも盛り上がっていましたよね。

 

CIMA あと、僕は去年の12月ぐらいに芦野選手にタッグマッチかなんかで負けてるんですよ。彼はそのままT-Hawkとのタイトルマッチに行ってしまいましたので、僕としてはもう一度個人的にガッチリやってみたいなというのはありますね。で、イケメン選手に関しては逆ですね。2018年のW-1の横浜文体でイケメン選手が怪我してしまって、僕としてもイケメン選手としても消化不良に終わってしまったというのがあって、その続きができるということですね。イケメン選手もポテンシャルは申し分ないと思いますので。

 

──この2人のタッグはCIMA選手から見てもおもしろそうだなと思いますか?

 

CIMA 魅力的ですね。また、僕と近藤選手もそこそこキャリアが長いプロですから。僕らが組んで、芦野&イケメンと混ざり合った時に、もしかしたらとんでもないものが生まれるかもしれないですね。それを引っ張り出してくれる対戦相手の2人だと思っています。一つ言えるのは、どう転んだとしても、いわゆるありきたりの予定調和の試合にはなり得ないんじゃないですかね? 無責任な言い方をさせてもらったら、満塁ホームランか、空振り三振か、みたいな。その二つに一つだと思います。

 

ー大会詳細ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2019 AUTUMN BOUT」11.27東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2019年11月27日(水)18時30分試合開始/17時40分開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼第0試合 シングルマッチ30分1本勝負

仁木琢郎 vs 馬場拓海

 

▼第1試合 タッグマッチ30分1本勝負

土肥孝司&本田竜輝 vs 児玉裕輔&新井健一郎

 

▼第2試合 6人タッグマッチ30分1本勝負

頓所隼&一&タナカ岩石 vs 吉岡世起(#STRONGHEARTS)&鬼塚一聖(#STRONGHEARTS)&アレックス・ゼイン(#STRONGHEARTS)

 

▼第3試合 パンテーラファミリー集結!スペシャル6人タッグマッチ30分1本勝負

カズ・ハヤシ&アンディ・ウー&MAZADA vs エル・パンテーラ&エル・イホ・デル・パンテーラ&パンテーラJr.

 

▼第4試合 タッグマッチ30分1本勝負

河野真幸&アレハンドロ vs 征矢学&エル・リンダマン(#STRONGHEARTS)

 

ー 休憩 ー

 

▼第5試合 ペガソ・イルミナル試練の5番勝負第3戦 スペシャルシングルマッチ30分1本勝負

ペガソ・イルミナル vs ヒート

 

▼第6試合 タッグマッチ30分1本勝負

芦野祥太郎&黒潮“イケメン”二郎 vs 近藤修司&CIMA(#STRONGHEARTS)

 

▼メインイベント 『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

【Aブロック1位】T-Hawk(#STRONGHEARTS)&入江茂弘(#STRONGHEARTS) vs 【Bブロック1位】羆嵐&レネ・デュプリ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事