【WWE】戸澤がダイビング・セントーン炸裂もクルーザー級王座奪取ならず

現地時間11月24日にイリノイ州シカゴのオールステート・アリーナにてPPV「サバイバー・シリーズ」が開催された。

◆戸澤がダイビング・セントーン炸裂もクルーザー級王座奪取ならず

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

“スタミナモンスター”戸澤陽が王者リオ・ラッシュ、カリストとクルーザー級王座をかけてPPV「サバイバー・シリーズ」キックオフで激突した。

序盤、戸澤はカリストと共にラッシュに襲い掛かると、リオに騙し討ちジャブを放って雄叫びを上げた。

さらに戸澤はドロップキックやジャーマン・スープレックスでラッシュに攻め込み、終盤には得意のダイビング・セントーンをラッシュに炸裂させるもカリストがカットに入ってカウント2。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

果敢に攻め込む戸澤だったが、最後はラッシュがファイナルアワーでカリストを沈めて3カウント。戸澤は善戦も王座に届かずラッシュが王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事