【W-1】パンテーラvs吉岡のクルーザー王座戦正式決定!吉岡「今年に起きたことは今年のうちにケリをつける!」<11.28会見>

11月28日(木)、都内・GSPメディアセンターにてW-1が記者会見を実施。クルーザーディビジョン王者のエル・イホ・デル・パンテーラと、昨日の後楽園ホール大会で挑戦表明をした吉岡世起が出席。2人のタイトルマッチは12月26日の後楽園ホール大会で行なわれることが正式に決定し、それぞれ意気込みを述べた。

『CRUISER FES 2019』で優勝しながらも、パンテーラとの決勝戦で顔面に大怪我を負い、クルーザー王座への挑戦を逃してしまった吉岡がついに動いたのが昨日の後楽園大会だった。試合後のパンテーラを急襲し、挑戦を表明したのだ。

挑戦権を持ったまま機会を伺っていたという吉岡は、「パンテーラには鼻、上アゴ、前歯を折られている。その借りを返す」とタイトルマッチでこれまでの鬱憤を晴らすつもり。「パンテーラはチャンピオンになって自信がついているのが見られる。その自信をへし折る」と、復讐心に燃えていた。

エル・イホ・デル・パンテーラ「(日本語で)まあ次ね、12月後楽園大会、吉岡世起、挑戦。6年前、私初めてW-1、まだ青コスチュームの吉岡。今、凄いベリーグッドボディ、身体凄い。凄い凄いいい選手。次の後楽園いい試合です。みんな見てください」

吉岡世起「『CRUISER FES.』優勝してずっと権利を持ったままでしたけども、決勝でパンテーラに勝って優勝したとは言え、鼻、上アゴ、前歯を折られて、宿敵・児玉裕輔から取り戻すチャンスを失ったんでね。あの時、試合に勝って勝負に負けたと思ってるんで。その借りを12月26日後楽園で返しにいきます」

──吉岡選手、挑戦権利を持ったままここまで引っ張ったというか待っていたのは理由はあるんでしょうか?

吉岡 タイミングを見計らっていたのはありますね。あと一つ気に食わないことが、俺が『CRUISER FES 2019』優勝して、挑戦権を持っている、挑戦する予定だったその当時のチャンピオンが復帰する頃にベルトを落としていたっていう。それが個人的に気に食わなくて、ちょっとタイミング……児玉を取るのか、ベルトを獲るのかとタイミングを見計らっていたら、パンテーラが獲った。そう言えばあの時欠場に追い込まれてるし、借りを返さないといけないという気持ちもありますし、今年に起きたことは今年のうちにケリをつけてやろうという。次、#STRONGHEARTSのT-Hawkと入江がタッグタイトルに挑戦してタッグのベルトを獲ってくれると思っているんで。今#STRONGHEARTS、ベルトを全部失っちゃったんで。そういうのもあって、ここで一回#STRONGHEARTSにベルトを取り戻そうという気持ちですね。それで今回にさせていただきました。

──チャンピオンになってからのパンテーラ選手は雰囲気は変わったというのはありますか?

吉岡 外国人選手初のクルーザーチャンピオンとしてのプライドというか自信というか、以前に比べて見られるんじゃないですか? 元々凄い動きとかはしてたんですけど、そこに自信とかついてきたんで、その自信とプライドをへし折って、前歯とかの借りを返してやろうと思っていますけど。

──パンテーラ選手、昨日の後楽園でお父さんと弟さんと一緒に試合をされましたけど、タイトルマッチに向けてパワーになりましたか?

パンテーラ (日本語で)そうですね。昨日凄いパンテーラファミリー3人で凄いモチベーション。今、頭ポジティブ。だから、次の試合、凄いがんばります。このベルト、守ります。

【大会名】
「WRESTLE-1 TOUR 2019 SHINING WINTER」12.26東京・後楽園ホール大会

【日時】
2019年12月26日(木)18時30分試合開始/17時40分開場

【場所】
東京・後楽園ホール

【対戦カード】
WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第14代王者】エル・イホ・デル・パンテーラ vs 【挑戦者】吉岡世起(#STRONGHEARTS)
※第14代王者・エル・イホ・デル・パンテーラ、3度目の防衛戦。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事