【WWE】カブキ・ウォリアーズが宣言通り“女王”シャーロットを撃破

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間12月2日、テネシー州ナッシュビルのブリヂストン・アリーナにてロウが開催された。

◆カブキ・ウォリアーズが宣言通り“女王”シャーロットを撃破

WWE女子王者カブキ・ウォリアーズのアスカ&カイリ・セインが“女王”シャーロット・フレアーと2対1ハンディキャップ戦で激突した。

試合前、アスカは「誰やと思ってんねん。うちら全然勝てるし、アホか。無理無理無理無理!!!」とコメントして余裕を見せると、試合ではアスカがヒップアタック、カイリがスライディングDで攻め込んで数的有利なカブキ・ウォリアーズが主導権を握った。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

シャーロットもスライディングキックやダブル・スピアーを決めて反撃するも、最後はアスカがシャーロットにフィギュア・エイトを決められたところで交代していたカイリがインセイン・エルボーを炸裂させて3カウント。

毒霧なしの巧みなチームワークでカブキ・ウォリアーズが宣言通り“女王”シャーロットを撃破した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事